2006年 11月 22日

一応名古屋戦のことを

J1リーグ 第31節

名古屋グランパスエイト 1-0 浦和レッズ

明日はもう甲府戦って事で、一応書いておこうかということで(何
プロ野球のドラフトとかも触れようかと思ったんですがね。
まぁ、そっちは明日の出掛けにでも上げていくかも。

閑話休題。

以前から苦手といわれた東海アウェー。
今年も、エコパで清水に敗れ、ヤマハで磐田に敗れていましたから、
いやな予感はありましたけど、ここまできて苦手とか言っていられないだろうと言う事で、
勇躍名古屋へ乗り込みました。

シュート数が示すとおり、終始レッズが攻めていた印象はありました。
特に後半開始からしばらくの時間帯が顕著で、もう面白いようにセカンドボールを拾えていましたね。
そこからサイドに展開、というところまでは上手く行っていたので、
これを繰り返せば点は取れるという雰囲気はあったと思います。
ただ、一方で1点勝負になりそうだという予感もあったので、「雰囲気にとどまってしまった」ことが悔やまれますね。
その雰囲気も、だんだん時間が進むにつれて薄れていっていたようでした。
ワシントンがきっちりマークされ、エリア内にも進入できず、苦し紛れのミドルが目立つ。
しかも枠に飛ばないものだから、何の可能性も感じられなかったです。
そうこうしている内に、絵に描いたようなカウンターを決められ、もっとも警戒していたはずの
ヨンセンに、ゴール隅に流し込まれてしまった。
結局残り時間も、有効な攻め手を見出せないまま過ぎ去り、試合終了。
今年の東海アウェーは全敗という結果になってしまいました。
対名古屋は今年は無得点で、どちらかの試合で必ず勝利を収めていた記録もストップ。
これは重症なんだろうか…?

4バックにしたことがどうだとか、突然降って沸いた「あの話」の影響がどうだとか、
色々言われておりますが、難しい話はわかりません。
とりあえず全部勝つということはずっと言い続けていることですし、
強がりでもなんでもなく、適度なプレッシャーが無いとゴール裏で緊張感の無い人もいますし。
自分自身今回は悔いを残してしまったので、残り試合は悔いを残さず行きたいものですが…

そういや、帰りに名古屋駅でレッズの選手たちに出くわしました。
ホームに上がっていったら、なにやら赤い人たちが多いなぁと思ってたんですが、
なんとそこにギド&山内通訳が。
都築とか、闘莉王、ネネ、ロビーに達也もいたかな。
せっかく(?)なんで写真の一枚でも…と思わないでもなかったんだけど、
考えてみたら、「そんな要求できるほどのサポートが今日の試合で出来たか?」
ということで、遠巻きでギドを一枚撮らせてもらうだけにしました<結局撮ったのかよ(ぉぃぉぃ
ま、くだらん意地ですけどね。
ってか、負けた試合の後に声かけづらかったってのもあったんですけど。
ギドの表情もなんとなく冴えなかったですし。

まぁそんなことはさておき。
次は無敗のホーム、埼スタにて甲府戦です。
アウェーでの対戦では、苦しみながら引き分けに持ち込みましたが、果たして今回は…と。
甲府には申し訳ないが、今回は譲るわけには行きませんからね。
明日は天気が怪しいですが、今のところ雨の予報は出ていないようですし、
前回のマリノス戦のように、あれだけ売れて52000台というのはちょっと勘弁…というか。
皆様色々とご事情はおありでしょうが、チケット持ってる方はいらして欲しいですね…
「今日は勝つかなぁ」、なんて会話を聞いたりするんですが、「俺らの後押しで勝たせるんだ」、
くらいの気持ちで臨んで欲しいものです。
外野から、「なに思い上がってるんだ」とか言われたっていいじゃないですか。
実際、今首位ですs、清水の長谷川監督のように「雰囲気に呑まれた」と言う人もいますし。

まずは明日、何とか勝ち点3を獲得して、川崎さんにお引取り願えるようにしたいものですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-22 23:32 | 浦和レッズ


<< 王手。      ギドのこととか >>