彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 05日

番狂わせはありませんでした

第86回天皇杯 4回戦

浦和レッズ 5-0 静岡FC

まぁ、終わってみれば予想通りの結果でしたね。

普通にやればこうなるのはわかってはいましたが、それを普通に出来ないのが、
またレッズというチームでもあるので(^^;
いや、去年の山形戦の前科もありますからねぇ…
なにかの事故ででも先制されてしまったらというのもありましたし。

そんな心配をよそに、4分であっさり先制。
ただ、その後は取れそうで取れないという展開で、なんともイライラしました。
中盤でかなり自由にさせてくれていたので、いつもよりもドリブルが目立ってましたね。
今後当たる相手はあんなに甘くないんで、この試合で上手く行ったとはいっても、
余計なイメージは引きずらないでほしいものですが。
しかし、久々に長谷部のいいドリブルからのゴールを見た気がします。
(ゴール自体相当久々だと思いますし)
彼には、ああいうプレーをどんどん狙って行って欲しいものです。

ハーフタイムに入り、バックアップメンバーの練習を見る。
しかし…ちょっとがっかりしました。
ハーフライン付近に細貝、右に大山、左が相馬、中央に横山がいて、
後方から展開してサイドに開き、最後横山に合わせるというのをやっていたんですが、
クロスは合わないし、シュートも入らない。
多分一本も決まらなかったと思います。
前日のギドのコメントはどうだろうと思ったものですが、ああいうのを見せられると、
う~む…と思ってしまいました。

後半開始から、堀之内に替えて内舘投入。
なんで細貝じゃないんだよと思ったのは自分だけですかね…?
その後も、酒井、相馬が投入され、期待された若手トリオの出番はナシ。
そのことに関しては色々な考え方があるんでしょうが、
来年になれば嫌でも彼らを起用しなければいけない場面というのは必ずあるわけで…
リーグとACLを両方フルメンバーで臨むというのは、どう考えても無理がありますからね。
ホント、ますますジーコ時代の日本代表が重なって見えます。
試せるときに試さないで、イザというときになったら「彼らは経験が無い」とか言って…
教育リーグの話もすっかり聞かなくなりましたし、サテライトも残り一試合。
彼らの経験の場はどうなる?
佳境を迎えるリーグ戦、一戦必勝の天皇杯に「それ」があるとはとても思えないのですが…
友ちゃんが出たのが、4点目をとった後でしたから、それだけ開いていれば、
ある程度テストの場にしたって良かったはず。
それを相手を甘く見ているとかいう話にされてしまうなら、永遠にテストなぞ出来ないです。

…なんか試合の話から外れてしまいましたが。
正直、彼らを見るのを楽しみにしていたということもあったので…
監督の決断なので、受け入れるほかは無いんですが…
とはいえ、ハーフタイムのあれを見せられては、使えないのもある意味納得…
でも、どこかで割り切って使うことも必要とも思いますし。
難しいところですかねぇ…

5回戦の相手は福岡に決まりましたが、これはまだ一月も先の話ですからね。
あちらさんが入れ替え戦に出場する可能性もあるので、日程も不確定。
まぁ、こちらとしては待ち受けるだけですが。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-11-05 22:52 | 浦和レッズ


<< レッズの未来を担うのは…      いずれは負けるものだけど… >>