2006年 10月 29日

いずれは負けるものだけど…

J1リーグ 第29節

ジュビロ磐田 3-2 浦和レッズ

うーむ…

「苦手の東海アウェー」だったり「苦手のヤマハスタ」だったり「闘莉王出場停止」だったり、
さらには「坪井負傷上がり」だったり「ロビー出場回避」だったりと、
色々と不安要素はあった試合ですがねぇ。
だからって、あの前半のグダグダっぷりはなんだよと。
監督インタビュー風にいうなら、「あれで自ら試合を難しくしてしまった」というところでしょう。

ただ、ある意味で勝負は試合開始前についていたともいえましょう。
坪井をあえて使ったことで、「結果的に」2失点目につながってしまったわけですからね。
カレンのポジショニングが良かったということもあるけど、坪井が完全に「歩いていた」状態でしたからね…
前々から思っていることなのですが、どうして「万全なバックアップ」を使わず、
「不安(定)なレギュラー」を使うんだろうかと。
といっても、ここまでの練習で状態をみて、坪井がもっとも良い働きが出来ると判断したから、
スタメンで起用したわけなんでしょうが…
「層が厚い」といわれるレッズですが、こういうときに思い切って使えないようで、
本当に層が厚いのかという疑問があるんですけどね…
相馬とか頭から使ってもいいと思うですけど…
まぁ次は闘莉王が戻ってくるんで、そこは好材料というか、安心というか。

ほかにも色々言いたいことはあった気がしますが、あんまり酷かったんで、よく覚えてません。
しっかし、現地にいるほうがよっぽど気が楽だねぇ…
テレビ観戦だと、もどかしくてしょうがありませんな。
というわけで(何が)、残り試合は全て参戦予定です。

あと、オフサイドのことですが。
正直、もう基準がわかりませんね。
川崎戦の時も書いたし、前京都監督の柱谷幸一さんも書いておられましたが、
(ついでに、TBSの副音声で加藤氏も言っていたっけ)
そろそろオフサイドカメラとか設置すべきではないんですかね?
特定の選手に密着するカメラなんか要らないでしょ。
別にそれで判定の要素にしろとまでは言わないけど、はっきりとわかるものがあれば、
負けた方だって納得いくだろうし。
それで明らかな誤審だったら、スポーツニュースとかでしつこく流してやればいいと思うし。
判定に一貫性が無いとか言う抽象的なことよりも、よっぽどわかりやすいと思うのですがねぇ。
審判の判定は絶対かもしれませんが、「聖域」にしてしまうのもどうかと。

※追記
あちらの23番さんの得点時は、アレが思いっきり残っていたらしいですね_| ̄|○
やっぱり、あの角度じゃわからん…
加藤氏じゃないが、もっとカメラ増やしてくれませんかねぇ…(;´Д`)<無茶なことを

さて、愚痴はこれくらいとして。
ここで代表戦による小休止をはさんで、次は埼スタでのマリノス戦ですな。
(天皇杯もあるけど)
いよいよ「あいつ」が来るのか…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-29 12:17 | 浦和レッズ


<< 番狂わせはありませんでした      パリーグ勢4連覇 >>