2006年 10月 07日

勝ったのは「浦和レッズ」ですから

Jリーグ第26節

浦和レッズ 2-0 ジェフ千葉

マスコミの皆さんは、あれこれ代表と結びつけて記事を書きたいようですが。
「浦和ジャパン」が「千葉ジャパン」を下したということで、ご満足いただけましたでしょうか?
…俺にとっちゃ、代表なんて関係ないんだがね。
それに、レッズは代表がオシム体制になるまえから上位争いしていましたからね。
それはオシムが教えたものだったのでしょうか?
あの天皇杯決勝の、マリッチのゴールに結びつくすばらしいパス交換なんて…
って、結局そんなの覚えてないんでしょうが。
ま、ここで吠えたところでしょうがないんだけど(ぇ

さて。
なんつーか、「珍しく」岡田主審に助けられた面もあったかなと。
遠目だったのでよくわかりませんでしたが、一発退場は少し厳しかったような気も…?
あとでスパサカでも見て確認してみましょうか。

なのに、約75分も数的優位な時間があって、これですかというか。
ちょっと前から比べれば、格段に足は動くようになっていると思いますが、
やっぱりまだ物足りなさを感じますね。
相手は10人で、スペースがあいていることくらいはわかるはずなのに、
そこを使おうとしないし。
まぁ、ギドいわく、「ボールをしっかりキープできていた」そうなので、
そのあたりは考え方の違いってやつなんですかねぇ。
でも、たった1点しかリードがない状態で、そんな落ち着いてもどうかと。
1点くらい、ラッキーパンチとかでどうにもなってしまったりするものですからね。
実際、バーだかポストだかに助けられたところもあったし、紙一重ではあったと思いますよ。
なんにせよ、もう少し「数的優位」を印象付けるような事があればよかったのになぁと思ったり。

なんだか、あんまり書くことも思いつかないんでこんなもので。
あ、久々復帰のネネは良かったと思います。
坪井もしばらくかかりそうですからね。
ってか、坪井怪我→ネネ登場って、04年と同じパターンですね(^^;
ということは、このまま優勝?(ぇ

あとねぇ…ガンバが勝った負けたで、いちいち騒いでる場合じゃないと思うんですけど。
とりあえず、少しだけ優位には立ったかもしれません。
でも、今の段階で喜んでみたってしょうがないんじゃないかと思うんですが。
どっちにしたって、残り試合全勝を目指すことには変わりはないんだし、
ガンバだってこれ以上躓くとは思えないから、落とせない状況なのはこれまでと同じ。
そのためにやるべきことは、、ガンバの負けを喜ぶんじゃなくて、レッズが勝つために、
それぞれができることをやるってことじゃないんですかね?

スタジアムに来る以上、それはもう個人の趣味とか娯楽として片付けちゃいけないと思う。
都合がつかなかったり、遠方に在住だったりして、こられない人はごまんといます。
そういう人たちの思いも背負っているんだということを、今後は強く意識して、
ゴール裏で声を張り上げて行きたいと思っております。

とまぁ、何やらひとしきり語ったところで(ぉ
今日の試合前、とあるつてで福岡戦のチケットを譲っていただきました。
なので、諦めてましたが次も参戦であります。
いやー、とりあえず屋根が邪魔にならないところに陣取りたいものですな(^^;

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-10-07 21:33 | 浦和レッズ


<< アビスパ福岡相手に憂さ晴らし決定?      そういや、totoの予想で「0... >>