2006年 09月 10日

満足はしていない

J1リーグ第22節

大宮アルディージャ 0-2 浦和レッズ

よく勝てたものだと思いますよ、いやホント。
たまたまこういうスコアにはなりましたが、逆でもおかしくなかった。
もっと早い時間帯に2点目が入っていれば、もっと楽な展開にはなったんでしょうが。

鹿島戦以来で久々に試合を見ましたが、相変わらず運動量が少ないですね。
今日は大宮のマークがしっかりとしていたというのもありますが、
それ以前にマークをはがそうとか、スペースを作ろうという動きからして、
少なかったように思えました。
(気づかないところでは、もちろんやっていたんでしょうけど)
だから結局、
「出しどころがない」→「後ろでまわす」→「パスミス」→「奪われる」→「ピンチ」
みたいな負の連鎖がたびたび見られたような気がします。
ワシントンはどっかり構えているタイプだと(勝手に)思うから、永井や暢久に、
そういった動きをやってもらいたかったんですが…

今日良かった選手といえば、やはり坪井でしょうか。
本来、DFの選手が目立つのはあまり歓迎ではないんですが…
今日は(いつもだけど)本当に安定していて、安心してみていられましたね。
ネネがベンチに入っていたという要因もあったと思うのは、穿ちすぎでしょうか(^^;
後は山岸ですね。
後半はシュートの雨にさらされましたが、よく踏ん張ってくれました。
あと、長谷部も大分良かったのでは?
後半に良いミドルもありましたし。
ああいう思い切りの良さも彼の持ち味だと思うので、もっと見たいプレーですね。

それにしても、「今年の2試合のみ」で判断する限り、大宮との差はそれほど感じません。
2試合とも、半分ラッキーみたいな先制点と、前がかりになった終了間際の得点ですし。
そういうチャンスを逃さないのが強さだとも言えますが…
このままだと、「さいたまには浦和だけ~♪」なんて歌ってられなくなりますよ…

あと、大分大宮サポさんも増えてきたように見受けましたね。
去年の初めごろなんて酷いものでしたけどねぇ…
今日見た限りでは、6:4くらいでレッズサポって感じに見えましたけどね。
(バックスタンドも結構きれいに半々に分かれていた感じだったし。遠目だけど)
まぁ、アッパーが開放されれば、また違ってくるのかもしれませんけど。
レッズ戦だから行くっていう人が多かったとしても、
それだけ潜在的なサポーターがいるという証明にもなるわけですし。
近くに座ってた人で、「大宮サポーター少ねーなー」なんて言ってた人がいましたけど、
そんな事言ってると足元すくわれかねませんし、人様のことをどうこう言う前に、
自分たちがまずやることがあると思うんですよね。
実際、今日のようにきわどい試合をしてしまったわけですし。
勝ったからいいや、なんてのでは進歩も何もないわけですから。

今は負けたとしても「次があるから」なんて言えるかもしれないけど、
終わってみれば「あの試合がなぁ…」っていうのは、昨年痛いほど経験してますよね。
確かにいくら振り返っても過去は変わらないけど、
「変えたくなる過去」を作らないために、今をどうするかっていうのが大切なのでは、と。
うーん、柄にもないことを言ってる(^^;

とにかく今出来ることは、毎試合勝ち点3を獲ること。
そして、次も獲るためにどうすればいいかを、必ず整理して次に進むということですかね。
それは勝っても負けても同じことだと思いますよ。
次の広島戦も、強力2トップがいますから、決して侮れません。
今度こそ正真正銘のホーム埼スタで、すっきりと家路につける勝利を見たいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-09-10 23:55 | 浦和レッズ


<< イエモッツ改造計画発動?      以って他山の石となす >>