2006年 08月 20日

初鹿島

J1リーグ第18節

鹿島アントラーズ 2-2 浦和レッズ

先ほど帰ってまいりました。
さっさとオヤスミと言いたい所ですが、記憶が確かなうちに書き残しておくとします。

内容は評価できないけど、結果には一定の評価ができると言ったところでありましょうか。
前半は、両サイドから何度か良い崩しが見られたので、
嫌な時間に先制はされましたが、これを繰り返していけば点は取れると思っていました。
しかし、後半になると足がぱったりと止まってしまった。
ボールを奪い返しても、後ろでチンタラしているから、押上げが全然なくて、
無理に勝負して奪われるか、後ろに戻すかという感じだったと思います。

代表組に疲れがあるのはわかるが、スタメンで出ている以上、
今のレッズで一番良い11人なわけですからね。
まぁ、そんな言い訳をする選手はいるはずはありませんが…
思わず、「走れないなら出てくるんじゃねーよ!(゚Д゚)ゴルァ」とか叫んでしまいましたね。
代表組だけならまだいいが、長谷部に替わって出てきた暢久も、
どこにいた?って印象しかありません。
代表にも行ってないし、前半休んでいて元気なのだから、もっと走って欲しかった。
(まぁ、ボールに集中してしまっていたからそう思えただけかもしれないが)
ギドいわく、「ゴールしたいと言う気持ちはあると思うのだが」だそうですが、
どうも自分にはそうは思えませんでした。

「これなら俺のほうが走れるのに」と思った選手はいたはず。
そういう時に使ってやることで、モチベーションも保てると思うんですけどねぇ…
試合に出てる選手は、バックアップにそう思わせないプレーをする義務があると、
自分は思っているんですが、どうでしょうが。

1点差に詰め寄った後、永井と相馬を一気に投入しても、彼らを使おうとしない。
というか、使おうという考えがなかったのか、その余裕がなかったのか。
ギドが何を狙って彼らを投入したかと言うのが、果たしてわかっていたのだろうか。
結果的に、同点ゴールは永井のクロスから生まれましたからね。
もう少し早くそれをやってくれよと思ったり。
単調にロングボール放り込んだ清水戦の二の舞にはならなくて良かったと思うが…

ワシントンはまだ本調子ではなさそうですが、90分やれたのは収穫でしょうか。
と思ったら、今度は達也が代表でベストでない…
なかなか難しいものでありますが。

こんなヘロヘロのレッズに勝ちきれない鹿島もどうなんだろうかとは思いますがね。
まぁ、余計なお世話ですが。
余計なお世話ついでにもう一つ。
鹿島のサポーターと選手の関係って、どうなんですかね?
試合終了後の挨拶もろくにやっていなかったように見えましたけど。
というか、とりあえずサポーターの前を通っとくか位にしか見えませんでしたが…
全員がというわけではなく、きちんとお辞儀して去っていった選手もいたようですけど。
(というか、その選手が当たり前なんだと思うが)
2年前の「騒動」がまだ尾を引いているんでしょうか。
でも、あれだけ来てくれたんだからきちんと筋は通すべきでありましょうよ。

あとは、初のカシマスタ参戦の雑感とかいろいろ。

・名物のもつ煮をいただきました。…ってか、夏の昼間に食うもんじゃねーよ(ぉぃ
・↑いや、美味しゅうございましたよ。帰りに食べればよかったのかも…
・屋台村にてペットボトル200円。なかなか良心的?こんなものですかね?
・ジーコ像の前に、レッズにもいた阿部の足型が。レフティーなのに右足だった…
・運営のマズさを体感。安全に気を遣ってくれるのは良いが、も少しうまくやれると思う。
・↑いろいろ怖い思いをしたかもしれませんが、次は逆に拍手したくなるくらいの運営を!
・前座試合がほとんど見られなかった。5時開始ならナァ…って無理か(;´Д`)
・ドリンクホルダーもないくせに、ペットボトル持ち込み禁止とはこれ如何に。
・↑「我々は」投げませんよ!(ぉぃ
・前の席との間が狭い。確かに臨場感はあるが、あれならトラック有りの方がまだ…
・↑ワシントンの得点なんか全然見えなかった…(;´Д`)
・えーと、「発炎筒は禁止」でしょ?「自分の家」だからこそ守るものはあるのでは。
・CKの度に、コーナー付近に警備員が走るのがなんか奇妙だった…
・ってか、ジョージはもういいよ<スタジアムの感想ではありません

なんか変な方向に流れていきそうなのでこの辺で(^^;
ホームで勝ち、アウェーで引き分けと言うのは、ある意味で合格点と言えるでしょう。
2点を先制されながらも、土壇場で追いついた粘りは評価していいと思います。
ただ、前半に取れたのではと言う思いもありますね。
向こうのシュートがポストに嫌われたりと、ツキもあったのだし。
そうなれば、後半の動きもまた違うものだったのかもと思いますが、
まぁそれは「たられば」に過ぎないことで。

ガンバが勝って勝ち点差は2。
最終戦で直接対決があることを考えても、「1勝で逆転できる」範囲にいることは大切。
得失点差の勝負になると、向こうも爆発力がありますからね。
まだまだ先は長い…

あ、大宮戦ゴール裏ゲットです<そんなこと聞いてません

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-08-20 03:04 | 浦和レッズ


<< 以って他山の石となす      リーグ戦前半終了 >>