2006年 07月 31日

嬉しい話と寂しい話

さいたまシティカップ

浦和レッズ 1-0 FCバイエルンミュンヘン

まずは嬉しい話。
まさか、あのバイエルンに勝っちゃうとはなぁ…
あちらさんは強行軍でもあり、パートナーシップを結んだ記念の試合という
意味合いもあったと思うので、今回は花を持たせてくれちゃったのかなぁ、
などと卑屈になってしまうのは、日本人の悪い癖であります(^^;
もう少しレッズの力を信じてやれって感じですが。

来年は向こうに行ってやるらしいですし、、ゆくゆくは定期戦の様な形にする計画も
あるらしいので、いずれは本当の意味でガチンコの勝負ができればいいなと思いますね。
それと黒部、ナイスゴール!
あの一瞬でマークを外す動きは見事でした。
(DFの「そんなバカな!」とでもいいたげなジェスチャーをみてニンマリと(ぉ)
あとはリーグでもよろしくお願いします(^^)
”シェフ”相馬も良かったですね。
アレとシェフの同時起用というのも、アレに本気を出させる有効手段なのかも(^^;
再開に向けて、良いイメージを持ててよかったなと思います。

さて、寂しいほうの話。
突然飛び込んできた、南祐三、愛媛FCへのレンタル移籍のニュース。
地元埼玉県出身の選手ということで、非常に期待していた人は多かったと思います。
彼の母校は、我が家から自転車でいける距離なのです。
(そこ受験して合格しましたから、先輩になっていたかもしれませんでした(^^;)
そういうこともあって、いつ出てくるかと思っていたんですが…
結局、ナビスコの一試合の出場にとどまってしまいました。
(その一試合を埼スタで見ることができたのも何かの縁かも)
彼はまた、長谷部と仲が良いことでも有名でした。
でも、長谷部はあげられませんよ、愛媛さん(^^;

レンタルということなので、またレッズのユニフォームを着る機会もあるかもしれませんが、
向こうで大活躍して、ぜひ完全移籍してくれと請われるくらいになってほしい。
それはそれで嬉しいことですからね。
一足早く愛媛に行った千島とともに、ぜひJ1昇格に貢献してほしいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-31 23:20 | 浦和レッズ


<< 現場を離れてこそ出来ることもあります      山村投手、勘弁してください(つД`) >>