2006年 07月 30日

誰も納得していない

J1リーグ第16節

ヴァンフォーレ甲府 1-1 浦和レッズ

伸二いわく、「誰も僕のプレーに納得なんてしていない」
確かにその通り、とはいえ彼からこういうコメントはあまり聞きたくなかったですが…(;´Д`)
一番納得できていないのは彼自身なのでしょう。

今回は中継も見ていませんが、データを見れば、「酷かったらしい」というのはわかりますね。

ってか、後半のシュート数1本って何ですか?
アレの同点ゴールになったシュートだけって…
ボールの支配率も、甲府が56%ですか。
「GGR」じゃ、甲府は枠内にシュートが飛ぶ率がやや低いと言うデータが出ていたけど、
11本中8本が枠に飛んでるってことは、それだけ余裕を持たせてたってことですかね。
だとすれば、川崎戦であれほどプレスをかけていって、ミスを誘発させたこととは、
まさに天と地ほどの差があったということでありましょうか。
(条件も違うんで一概に言えないのはわかっているが)

ギドいわく、「ゲームをかなり長い時間コントロールできた」そうですが、
本当にそうだったんでしょうか。
こればっかりは、データを眺めただけではわかりませんけど。
ただ、どうも最近ギドのコメントが「ずれている」ような印象も受けるんですが…

どこかで、両クラブの年間予算を差を引き合いに出した記事があったようですけど。
こういうキツイときのために、あれだけの補強をしたのではないんでしょうか。
今年は、仮に優勝しても「あれだけ金かけたんだからある意味当然」といわれるだろうし、
タイトル取れなかったりすれば、「あんなに金かけてもダメなのかよ」といわれるだろうし。
どっちにしても何か言われるんだったら、勝って言われたいですからね。
(日本人の心情的には、少ない予算のチームが勝ったほうが嬉しいようですが)

あとは…そうそう、昨日の入場者数「17000」ってすごいですよね(^^;
だって、キャパ数とピッタリじゃないですか。
去年までのプロ野球じゃあるまいしって感じなんですが、
(某球団が常に56000って言ってたアレ)
それはいわゆる死にチケがでなかったってことなのでしょうか。
自惚れるわけではないですが、甲府在住の方でも、レッズ目当てに来られた方も、
おそらくいらっしゃった筈で。
そういう方に、果たして満足いただける試合だったのか。
むしろ、甲府サポーターを増やすことに一役買ってしまったのでしょうか(^^;

次に甲府との対戦があるのは、最後から3試合目ですか。
優勝争い大詰めって言うところでしょうね。
今の上位の様子から見れば、そこでどうにかなるということは多分ないでしょうけど。

ここでまた中断期間があって、バイエルン戦を挟み、
次のリーグ戦は埼スタでFC東京。
やっと埼スタに帰れる…(;´Д`)

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-30 09:47 | 浦和レッズ


<< 山村投手、勘弁してください(つД`)      嫌な思い出払拭シリーズ後編 >>