彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 22日

Come On Wonder Boy!

Jリーグ第14節

川崎フロンターレ 0-2 浦和レッズ

いやはや、「負け惜しみ言うな」と言われないのが何より嬉しい(ぉ<まだ根に持ってたのか

ナビスコ4強の夢を絶たれた等々力での雪辱戦。
レッズはワシントン、ポンテが怪我で不在も、田中達也が前節より復帰。
対して川崎は、マルクスが中断期間中に退団し、替わりにマギヌン選手が加入。
お互い、不安要素を抱えていた試合ではあったと思います。

今日のレッズは、守備意識がこれまでとは段違いであったと思います。
川崎の2トップを阻止するには、パスの出所をつぶすという作戦があったのかどうか、
それはわかりませんが、中盤でのプレスが良く効いていたと思いますね。
それが奏功してか、この2チームの対戦とは思えない、スコアレスな展開。

そこに飛び出した、達也の復活ゴール。
実に彼らしい、サイドで持って中に切れ込み、ニアサイドを抜くシュートでした。
日本代表のオシム監督が視察に来られていたようですが、
良いアピールになったのではないでしょうかね。

おそらく大方の予想に反して、レッズが先制点を奪い、
これで「第三者的」には面白くなるだろうと思った矢先、
レッズの山田と川崎の選手が空中で交錯し、山田にこの日2枚目の警告、そして退場。
遠めであったので、何がなんだかぜんぜんわかりませんでした。
暢久に警告が出ていたことも知らなかったので、長谷部が退場したんだと思ったくらい。

本来は、これでレッズが不利になるところですが、往々にして数的不利になったほうが、
集中して守りきってしまうということはよくある話で、
(2004年のナビスコ決勝が良い例)
この試合もまさにそんな感じでしたね。
(むしろ、余計なことをしてくれたと思った川崎サポさんもいらっしゃるのでは?)
前半の残り時間を耐え切ると、後半は全体的に引き気味で、
ボールを奪えば達也、もしくは両サイドを走らせる展開。
もちろん、集中した守備があってこそ出来た芸当ではありますが。
ただ、少し中盤のマークが甘くなっていたのも事実なので、
何度も「あわや」というチャンスを作られ、冷や汗を書かされましたね。

数的不利で、しかもリードしているチームからすれば、カウンター中心なのは常套手段。
何度かそれでチャンスは作りますが、平川と伸二の決定的シュートは、
GKに阻まれ、どうにもじりじりする展開。
レッズサポーターからは「Pride of URAWA」の大合唱が始まったころ、永井の追加点。
川崎相手に、これで「決まった」と思えるわけは全然ありませんが、
残り時間を耐えしのぎ、終了間際のFKを止めるなど山岸もファインセーブを連発。
終わってみれば、「まさか」の2-0で勝利でした。

しかし、本当に今日の勝利は大きいですね。
正直に白状すると、試合前は「今日はやばいかもなぁ」などと不安に駆られておりました。
それを吹き飛ばしたのが、試合前の「ララ浦和」。
普段レッズサポーターは、ウォームアップ中は基本的にチャントは歌わないですが、
新潟戦のこともあったからでしょうか、珍しく試合前から飛ばしてましたが、
やはり大声を出すと不安は吹き飛んだりするもので。
これが個人的には効いたなと思いますね。
そんなことよりも、今日負けていたら、勝ち点7差になるのはもちろん、
得意意識を持たせてしまいかねませんでしたからね。
ベストでなく、一人少ない浦和に負けたというのは、精神的に少し優位に立てたかなと、
そんなささやかな希望的観測もしてみたりするわけですが(^^;

勝ったことだし、もうちょっと毒吐こうとも思ったんだけど、
別にわざわざ敵を作る必要も無いんで、このくらいにしておきましょうか。
休むまもなく連戦ですが、今日くらいの守備意識を忘れずにいれば、
そうそうやられないんじゃないだろうかと、手ごたえを感じる一戦でした。
「大事なこと」を思い出させてくれた川崎に感謝したいくらいですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-22 23:54 | 浦和レッズ


<< 嫌な思い出払拭シリーズ後編      Jリーグ再開だったようだけど >>