2006年 07月 10日

祭りの後

イタリアの歴代単独2位となる4度目の優勝で幕を閉じたFIFAワールドカップ・ドイツ大会。
長かったような、短かったような…
いろいろありましたけど、最後の最後であんなショッキングなシーンがあろうとは。

言わずと知れた、フランス代表、ジダン選手の退場劇です。
あの時、マテラッツィ選手との間にどんなやり取りがあったかは知る由もありませんが、
決勝、しかも自らの現役最後の試合であんな暴挙に出るとは、
よっぽどのことがあったのでありましょうか。
それとも、上手くジダンの「弱点」を突いた「ナイスプレー」だったというべきなのか。
それに乗せられてしまったジダンが「愚か者」だったと言うことなのか…
いろいろと思いは錯綜するわけでありますが。

さて、イタリア。
自分と同じくらいの世代の人は、94年のアメリカ大会が、初めて見たワールドカップ、
と言う人がおそらく多いでしょう。
あの時は、予選リーグのアイルランド戦でいきなり敗れ、、
続くノルウェー戦ではGKパリュウカが一発退場、オマケに守備の要バーレジが負傷交代。
不調のエースのR・バッジョを下げて、「もう一人のバッジョ」こと
D・バッジョのゴールで薄氷の勝利を収め、どうにかこうにかで決勝リーグ進出。
なんというか、満身創痍という言葉がぴったりなチームでした。
なので、自分にとってイタリアと言えば、「苦しみながらなんとか勝つ」という、
あちらからすればおそらく非常に迷惑なイメージをこびりついてしまっています(^^;
なので、トッティよりもガットゥーゾの方がイタリアっぽいと言うか(何だそれは

あの時は決勝でロマーリオやドゥンガ擁するブラジルと当たって、PK戦の末に敗れました。
最後のキッカーとなったR・バッジョのうつむいた姿は忘れられませんし、
NHKの山本浩アナウンサーの「外したー!」という、なんともいえない絶叫が、
今でも耳に残っております。
今回と同じく日本時間で早朝の試合で、あれを見届けてから学校行ったっけなぁ(^^;

どこか特定の国の贔屓ってわけでもなかったんですけど、
ギドがいたときからドイツには注目してたし、オランダの伝統の4-3-3も好きですし。
それと、なんとなく判官びいき(などと言ったら失礼なんだが)的にイタリアも(^^;
そんなわけなんで、フランスファンの人には悪いですが、ちょっと嬉しかったりもします。

Viva,AZZURRI!

次のお祭りは南アフリカで。
長いようですが、きっとあっという間なんでしょう。
「お祭りってのはな、ちょっと待ってればまたやってくるんだぜ」
なんてな台詞がどっかにあったぞ。
おわかりになる方、お友達になりたいわぁ(byルパン(マテ)
まぁ、そんなことはどうでもよく(^^;
4年後こそは、我が日本代表(我がなんていえるほど注目してなかったけど)も、
恥をさらさない程度に強くなっていなければなりませんね。

「運頼み」でも、「神風」を待つのでもなく、
「確信」を持てる強さを、少しでも身につけて臨みたいものであります。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-10 23:40 | サッカー


<< 王国には王国の悩みが…      いつまでも「ON」に頼るな >>