2006年 07月 03日

見事な引き際

中田英寿選手、引退発表ですか。
驚きでもあり、さもありなんという印象でもあり…
まぁ、彼についてはどうこう言えるほど知っているわけでもありませんので、
とりあえずはお疲れ様と言うところでしょうか。
あとは長谷部にお任せあれ(マテ

29歳という年齢を聞けば、まだ出来るのではと思いがちですが、
それは本人にしか判断できないことではありますし。
彼の場合、日本代表というものも付きまとってきますしね。
W杯が終わり、体制も変わると言うことで、ある意味でここしか引き際がなかったと
言うところなのかもしれません。
あるいは、自らが退くことで、世代交代を促そうと言う考えがあったのかも。
やはりそれも、本人にしかわからないことではありますが。
(ジーコ氏がもう少しその辺のことを考えていてくれれば…と思わずにいられません)

もし、ボルトンへの完全移籍が成立してたら、少しは変わったんでしょうか。
よっぽどフィオレンティーナが嫌だったのか?なんて思ったり(^^;
(どちらにしても「終わる」つもりだったと書いてあるようだとも聞くけど)

それにしても。
こういう悲壮(と言う表現が適切かはわからないが)な決意で臨んだ選手もいれば、
「悔いも恥も無い」などといって、なにやらサワヤカに去っていった監督もいます。
かたや現役生活の集大成、かたや監督としての第一歩ということでは、
「温度差」が生まれるのも仕方ないことではありますが…
どこからか現れた川淵さんのコメントも、なんか空々しく聞こえてしまうし。

なんだかねぇ…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-03 22:44 | サッカー


<< Never too late      一事が万事、というか… >>