彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

一事が万事、というか…

ジェフ千葉・オシム監督の、日本代表監督就任が決定的、との報道があちこちであります。
NHKのニュースで、好意的に捉える人のインタビューが流れてたりしましたけど、
あれをみて、誰もが歓迎してるんだと思われることが怖いですね。

それはさておき、なんとなく思い出したことが。
北京五輪を目指すチームの監督が反町康治氏に決まりましたが、
昨年のことだったか、候補としていきなり当時レッズのサテライトコーチだった
柱谷哲司氏の名前が、文字通り急浮上したことがありました。
札幌の監督時代は思うような結果を残せずにいましたが、レッズでは、
堀之内などトップチームに何人も送り出す手腕を見せていましたから、
あの報道にはハラハラさせられましたね。
(どちらにしてもヴェルディに行ってしまったので大差ないとはいえますが)

当時の森GMもまったく知らなかった(新聞で知ったとか?)との事で、まさに寝耳に水。
その話自体はすぐ消えたし、レッズサポでも忘れてしまった人は多いかと思いますが、
思えばあの当時から、協会の姿勢はそういうものだったということなんでしょう。
サテライトのコーチくらいならいざ知らず(それでも当事者にとってはただ事じゃないが)、
今回は監督ですからね。

「無理が通れば道理引っ込む」の様な真似は、今回限りにしていただきたいものです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-07-02 23:55 | サッカー


<< 見事な引き際      新体制発表。 >>