彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 27日

敗軍の将、兵を語る。

いまさらこんなトコで語る必要もないほど、あちこちで語られている、
ジーコ氏の退任会見ですが。
実に1時間20分の大演説だったそうですね。

おそらく皆様と同じ感想かとは思いますが、いまさらになって体格のせいにするなと。
一応、「上背があるのはわかっていたので、ファウルをしないように言ってきた」
とも言ってますがね。
闘莉王なり松田なりを呼べという意見はずっとあったわけで、
(あるいは川崎の箕輪とか。一度呼ばれたっきりでは無かったですかね)
その「機会」はいくらでもあったし、「権限」もあった。
それを活かさないでおいて、いまさらそんな事言われても、と。
特に闘莉王なんて、2年連続でJリーグのベストイレブンですよ。
日本で最高クラスのDFとして認められていても呼ばなかったわけですからね。
シュートも打たないFWを見て、彼の得点力があればと思った人も、
少なからずいたのではないでしょうか。
背が高い=フィジカルが強いではないにしても、平山だっていたわけですし。
(彼らに国際経験を積ませなかった事が、ジーコ氏の最大の失策だったと思います)
少し前にも書きましたが、そういうタイプの選手が日本にまったくいないんならわかるが、
決してそうではないんですから。
それに、フィジカル面で不利があるなら、それを補う策を考えるのが監督の役目です。
それが果たして、ジーコ氏に出来ていたのかどうか。

確かに「特定の選手」に責任を押し付けるようなことはしていないけど、
名指しでないというだけで、選手のフィジカル面のせいにしていることに変わりは無い。
少なくとも自分にはそう聞こえました。

あとねぇ…
一番引っかかったのはココですよ。
「すべてを尽くしてチームを導いた。悔いも恥もない」
まぁ、「すべてを尽くした」ということはとりあえず認めるとしても。
「悔いも恥も無い」ってのはどうですかね。
必死にチケットを確保して、仕事を休んだりしてまでドイツに行って、
スタンドから精一杯声を枯らし、敗退に涙したサポーターが見たら、いったいどう思うか。
ブラジル戦終了後にピッチに倒れこみ、川淵氏いわく廊下でも泣いていたという、
中田英が聞いたらどう思うだろうか。
「世界を驚かせる」なんて言っておいて、結局の所「今の日本はこのくらいだろ」
なんて思っていたということを、暗に認めたことになりはしないですかね?
それは言い過ぎなのかもしれないですけど、
そう勘繰られたとしても仕方ないんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか。
まぁ、「逆の意味」で世界は驚いたでしょうけどね…
少なくとも、ワースト5に数えられたチームの指揮官が言う台詞じゃないですよ。

ジーコ氏自身、選手として出場したW杯では苦い思いがあったといいますよね。
(それが久保落選にもつながっているようですし)
だったらなおのこと、もう少し選手の気持ちを思った発言が出来るのでは?
特に中田英なんて、これが最後の大舞台という気持ちで臨んでいたようですし、
それがあんな惨敗に終わって、悔いが残らないわけ無いと思うんですよ。
それで指揮官がこんなこと言うのは、いったいどうなんだろうか…と。
監督としての力量については、新米監督ということである程度大目に(?)見るとしても、
この発言に関してはどうも納得がいきませんね。

まぁ、あくまでスポーツ紙の記事をネットで読んだ範囲で書いていますからね。
最初から最後まで聞いていれば、また違った感想が出てくるのかもしれませんが、
ジーコ氏への先入観というか、悪感情(?)が邪魔しているというのもあるけど、
どう転んでも好意的に書けそうにはないかなぁ…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-06-27 23:41 | サッカー


<< 新体制発表。      見出しにつられたレッズサポです... >>