2006年 06月 06日

オシム先生、かく語りき。

世間はすっかりW杯モードなようで。
レッズサポとしては、ナビ杯の準決勝進出が正式決定してからってことになりますがねぇ。

ところで、パブリックビューイングなんてものは、横浜国際でやったらどうなんですかね?
せっかく満員になるかもしれないチャンスなんですから。
ってか、本音は埼スタが青く染まるのが気に食わないってだけなんですけどね。

えーと、本題に(ぉ
ジェフ千葉のオシム監督いわく。

「いい選手を集めることがいいチームになるとは限らない。バランスを保つために水を運ぶような選手も必要。
福西1人で水が運べるでしょうか?」


だそうですよ。
うーむ、この人が言うとなんでも含蓄がありますな(ぉ
でも、実際そうだと思いますね。
このブログでもメンバー発表の日に、中盤の守備的な選手が手薄ではないか、
とか書いてますしね。
神様も、あれだけレッズの試合を見ていながら、啓太の献身的な守備があってこそ、
あの攻撃力が生み出されているんだということに、気がついていないんでしょうか。
まさかレッズサポを見に来ていたんじゃあるまいな(ぇ
いや、やたらと写真撮りまくってたみたいだし…
いくら色が「似てる」からって、これが鹿島のサポーターだなんて、嘘ついちゃいけませんぜ?(マテ
(今日はやけに攻撃的だな(^^;)
まぁ、これまでまったく呼ばれなかった啓太がいきなりメンバー入りするはずもないですが。

これまでは、中田を始めとして、伸二、中村、あるいは松井と、
テクニックでは世界で通用することを証明してきました。
少なくとも、国内で最高レベルの選手においては。
しかし、FC東京の今野に対して、ずっとイタリアのクラブが入れ替わりオファーしていたり、
昨日書いたように、ディナモ・キエフが啓太にオファーを出したりしてるように、
今後はそういうタイプの選手が求められる時代が来るのかも。
まぁ変な話、テクニックのある選手がほしければ、わざわざ日本でなくても幾らでもいます。
対して、労を惜しまずにひたすら走り回って、中盤で相手の攻撃の芽を摘む、なんて、
(今はどうだかわからんが)勤勉さが特性と言われた日本人にある意味あっているのかも、
なんて思ったりしますね。
これで後は、中澤あたりがDFのパイオニアとなってくれれば、すべてのポジションで
道が開けると言うものでありますな。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-06-06 22:41 | サッカー


<< あの「闘志」はどこへ行った。      わかる人はわかってくれている。 >>