2006年 06月 06日

わかる人はわかってくれている。

啓太に、ウクライナの強豪クラブ、ディナモ・キエフからの練習参加オファーがあったとか。
しかし、現時点ではレッズで優勝したいということで、悩んだ末に断ったそうですね。
HPに本人のコメントが載っております。
ディナモ・キエフといえば、かのシェフチェンコも在籍した欧州の名門クラブ。
その名門から見ても、啓太は魅力的な選手ということなんですね。
どこかの「神様」とか「人間力」とはエラい違いだ(ぉ

決して華麗なプレーをするタイプではないけど、今のレッズにおいて、替りが利かないのは、
ワシントンと啓太くらいなものでありましょう。
もっとステップアップしていってほしい気持ちはありますが、レッズの現状を見るに、
今抜けられては非常に困るわけで…
なんというか、複雑な心境であります。

まぁ、代表に入ったっておかしくないんですけどね。
今野が入れるんなら、啓太が入ってもおかしくないはずで。
マルタ戦後にナカータが、「全然走れていない」って怒ってましたけど、
そんなチームだからこそ啓太みたいなタイプが必要なわけですよ。
次の代表監督が誰かはわかりませんが、本質を見る目を持った人になってほしいものです。

ちょうど去年の今日(6月5日)に、初めて埼スタに参戦しました。
レプリカに13番を入れてもらったりして…
そして、目の前でゴールも見られましたし。
そんな日にこのうれしいニュースを聞けたというのも何かの縁ではないかと思ったり。

水曜日の啓太コールは、いつにもまして力が入りそうです。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-06-06 00:04 | 浦和レッズ


<< オシム先生、かく語りき。      ワシントン様。 >>