2006年 05月 21日

暑さに負けず。

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6日

浦和レッズ 4-2 横浜Fマリノス

焼けましたよ(マテ
レアでしょうかミディアムでしょうか(ぇ?
って、誰が焼き加減の話をしてますか(某マンガネタ)
チクショウ、おとなしく休憩スペースに逃げ込むんだったよ…_| ̄|○

閑話休題。

今日のサプライズといえば、やっぱり加藤の先発ですかね。
試合開始前の、選手のコメント読み上げるとこで、何故か彼のコメントが読まれたんで、
本来そこで気づかなきゃいけなかったんですけど。
しかしまぁ、初出場にしては本当に良くやったと思いますよ。
ディフェンスラインも、闘莉王が出場停止で、坪井が代表に持っていかれてたから、
左から内舘、堀之内、細貝の急造3バックでしたので、不安はあったんですけどね。
(堀之内、細貝は天皇杯でも一緒にやってるが)
失点に関しては、彼を責めるのは酷というものでありましょう。
なんとなく、未来の正ゴールキーパーの姿を見た思いがします。
ユース世代が逸材ぞろいなのを知らない輩が、レッズは補強頼みとか言って来るんで、
加藤のみならず、どんどん活躍して、そんな奴らの口を封じて欲しいものであります。
まぁ、次の「言い訳」は「ワシントンの存在はずるい」とか言うところなんでしょうが、
ならばなんでヴェルディは降格したんでしょうかねぇ。
まぁそれはいいとして。

あとは相馬と永井かな。
FC東京戦のときから、「気持ち」は見えていた相馬。
アウェーのマリノス戦は出場停止でしたしね。
アレのいぬまにアピールってとこなんでしょう。
ワシントンにマークが集中したところで、フリーになって逆サイドにドカン。
元ヴェルディホットライン炸裂!(ぉ
今日のブログが楽しみだ(ぇ

永井は、トップ下のプレーでしたね。
もともと個人的には、彼はトップ下でも面白いと思っていたので、
ああいうプレーをしたことは別に驚きではないんですけど。
問題は、どんどんFWから遠ざかっていくことで…
達也が復帰したら、ホントどうなってしまうんでしょうか。
今日の試合だけで言えば、6番よりよっぽどトップ下に適しているような…?

さてと、これで予選リーグが終わり、決勝トーナメントの組み合わせも出ました。
レッズの対戦相手は、リーグ戦主意の川崎フロンターレ。
次の試合は、6月3日、駒場にて…って、チケット取れるんだろうか(;´Д`)
平日の等々力には行けそうなので、そっちは嬉しいんだけど、
チケットがなきゃ話になんねーよって事ですな。
そもそも、平日に発売開始されても、こっちゃ仕事中だっつーの。
なんか、ピンサポへのいじめとしか思えないような…(;´Д`)
某所の掲示板に頼るしかないのかしらん?
まぁ、努力はしますけど。

加藤…6.5
 ・とても初出場とは思えない。キックも安定していた。今後が楽しみ。
内舘…6
 ・時折危なっかしい場面もあったが、全体を通してみれば、良かった。
堀之内…6
 ・闘莉王の出場停止で3バックの真ん中。急造3バックで守備に気を遣い攻撃参加は無し。
細貝…6
 ・高い打点のヘディングと、当たりの強さが光った。
平川…6
 ・ワシントンの2点目をアシスト。
鈴木…6.5
 ・長い距離を走り前線に顔を出す機会が多かった。改めて運動量に感服。
長谷部…6
 ・得意のドリブルはあまり見られずも、あまり持ちすぎず簡単にプレーしていた印象。
相馬…6.5
 ・ついに初ゴールをゲット。左サイドを積極的に攻めあがり、相手の右を押し込んだ。
永井…6.5
 ・再度での仕事は少なかったが、パサーとしての能力を発揮。好パス連発。
山田…5.5
 ・ミスが目立った印象。ワシントンの先制点を影でアシスト。
ワシントン…8
 ・横浜の「セルフジャッジ」を尻目に先制点ゲット。確かな技術とシュートの精度は流石。
岡野…6.5
 ・クロスは流石の精度。やはり「何か」を持っている。
赤星…6
 ・怪我から復帰。積極的に攻撃に絡もうとしていた。今後も出場のチャンスはあるはず。
横山…採点なし
 ・ようやく今季初出場。FWは争いが厳しいが、もっと沢山見たい選手。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-05-21 22:08 | 浦和レッズ


<< Eu o felicito n...      いつか埼スタにも来て欲しかった。 >>