2006年 05月 14日

この勝利、ロビーに捧げよう。

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第4節

横浜Fマリノス 1-2 浦和レッズ

勝ったことはうれしいが、ロビーの怪我が本当に心配。
ギドのコメントを見ただけではあるけど、重症の可能性があるということで…
せっかくもうすぐで達也が戻ってくるというのに、今度はロビーかよ…_| ̄|○
もう千羽鶴は折りたくないよ…?(;´Д`)
ともあれ、できるだけ軽症であることを願います。
VAMOS PONTE!

さて。
スタッツみて驚いたんですが、シュートが4本だけだったんですね。
攻めていた印象はあったので、以外でした。
永井がやってくれましたしね。
1得点1アシストで、見事に結果を残してくれました。
試合後、ベンチに下がっていたのに何故か最後まで残っていて、
気分よさそうにロッカーに消えていったのが印象的でした(^^;
ロビーに替わって岡野が入った後は、暢久がトップ下でしたかね。
なんどとなくドリブル突破を試みては奪われていたような(^^;
それでもワシントンへのラストパスも何本か供給していましたし、評価が付けづらいです。

今日は坪井もいなかったので、替わりにストッパーに入ったのは内舘。
スピード面では見劣りするかなと思っていましたが、その分しつこいマーキングで、
いい守備見せてくれてました。
あんなに気持ちの見えるプレイヤーだったかなと思いましたよ。
スタッツでもCKが実に12本ですからね。
闘莉王、堀之内も粘りのディフェンスを見せてくれていました。

ひとつ残念だったことがあります。
ロビーが倒れて手当て受けてる際、ホームゴール裏からブーイングが起こりました。
同じ日産スタジアムでの、去年の9月17日の試合で、FC東京のルーカスが、
味方のジャーンと激突して意識不明になり、救急車がピッチにまで入るという
緊急事態があったことは記憶に新しいですよね。
マリノスサポーターはあれにも立ち会っているはずです。
なのに、なんでロビーに対してブーイングなんてできるんでしょうか。
自分たちのダンマクを外した憎きレッズサポが応援するチームの選手だからですか?
ホームゴール裏のほうが近かったんだから、ただ事じゃないくらいわかるはずでしょう。
遠めに見ていた自分だって、ワシントンが血相変えて走っていったんで、
「やばいかも…(;´Д`)」と思いましたからね。
ただ単に、倒れた相手選手に対する「早く立て」のブーイングだったんだろうとは思う。
しかし、一人のレッズサポーターとして良い気分はしませんでした。
土屋へのブーイングとはまったく質が違いますからね。
マリサポな人がこんなブログ読んでいるはずはないけど、
もしあのブーイングに参加した人がいたとしたら、こういう思いをした奴もいたという事を、
頭の片隅にでもおいといてください。
レッズが嫌いなんて事とはまったく別次元ですから。

これで、最低2位での予選突破は確実に。
再びあの舞台に行きたいものです。

山岸…6.5
 ・失点は残念だが、それ以外は落ち着いた好プレーぶり。
内舘…6.5
 ・相手にしつこく食らいついてく、気迫が見えるプレー。
闘莉王…7
 ・何本か見せたロングフィードが良かった。守備に追われつつも攻撃参加も。
堀之内…6.5
 ・エリア内で粘りの守備。その結果のCKで失点は残念。
山田…6
 ・ロビーの怪我でトップ下に。度々ドリブルで切れ込んだが、今一チャンスにならず。
酒井…6
 ・啓太と盛んにポジションを入れ替え、攻守に活躍。
鈴木…6.5
 ・中盤での守備はもちろん、長い距離を走っての攻撃参加も。
平川…6
 ・攻撃では目立てなかったが、守備で奮闘。最後は足がつっての交代か?
永井…7
 ・1得点1アシストの活躍。右サイドでの良さが戻ってきた。
ポンテ…採点なし
 ・とにかく怪我が心配。
ワシントン…6.5
 ・うまくフリーになって2点目を決めた。前線で起点になっていた。
岡野…6.5
 ・ゲームへの入り方は見事。チームに動揺が走るところを落ち着かせた。
黒部…5.5
 ・時間が少なかったこともあるが、ボールに触れる機会が少なかった。
細貝…採点なし
 ・採点材料なし。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-05-14 21:45 | 浦和レッズ


<< 「妥当」ではないが「順当」。      これを「置き土産」とは思いたくない。 >>