2006年 04月 30日

「大宮エクスプレス」は、浦和駅で車両故障が発生しました。

Jリーグ第10節

浦和レッズ 2-0 大宮栗鼠

えーと、去年の「7月9日」って何の日でしたっけ?(ぉ
いや、天皇杯準決勝でリスサポさんが「7月9日何の日?」っていう、
横断幕だかなんだか出してたんですよね。
唯一あちらさんが勝った日ってことを言いたいんでしょうが、逆にその日しかないでしょとか
突っ込んでみたりみなかったり(ぉ

ナビ杯では勝ちましたが、リーグでは前節「家本さん」に負けているので(ぇ
(まだ引っ張る気か、こいつは)
相手がどこであろうとなんとしても勝たなければいけない試合でありました。
さらに、あちらには因縁のある選手がひとり。
言わずと知れた17番。
彼が大宮に移籍すると聞いたとき、「よりにもよって大宮かよ」と思いましたね。
別に、選手獲得にいちいち他所との因縁とか考えてられないですし、
フィーゴがレアルに行ったとかそういった時限の話ともまた違いますしね。
そんなわけで、おそらく本人も予想していたであろう大ブーイング。
でも、去年の横浜国際で向こうの10番に対するブーイングのほうが凄かった気もしますが。
もっというなら、前述のフィーゴがカンプ・ノウにきたときと比べれば…と。

別に何でも海外でやってるのがいいとは言いませんけど、
1チームくらいそういうところがあったって言いと思いますけどね。
(ブタの○○を投げるのとかは、いくらなんでもアレですが…)
俺たちの大事な選手に怪我させやがってとか、
俺たちの想いを裏切ってよくもマリノスなんかに行ったな、とか…
そういう感情から出るブーイングって、「ある意味」で健全なのでは?
自分に正直って言ったほうがいいのかも。
だから、リスサポさんから「土屋コール」が起こって、レッズサポからはブーイング。
それに対して、再び土屋コールが起こった場面があったんですけど、
ああいうのはなかなかいいなぁと思いましたね。
チーム愛の真っ向勝負、みたいな(ぇ

日本人的美徳を大切にする方には、このブーイングは理解できないのでありましょうが。
少なくとも自分は、タテマエの美徳よりも、本音のレッズ愛(この言い方もアレだが)を
大切にしたいと思っておりますので…

長々と書いてしまいました。
さて試合内容ですが、なんとも低調だった気が…
帰ってから少しだけテレ玉(ぉ)の録画中継見ましたが、解説の信藤さん曰く、
「レッズはある程度大宮に持たせている」だそうで…
監督まで務めた人はそういう見方をするのかとも思いますが、
自分には出来ないので、ただ「攻める気が無い」というだけに映りました。
前半、ややラッキーなカタチで1点先制できたから良かったですが、
アレが無かったらどうなっていたか…

久々に見た伸二は、なかなかよさそうに見えました。
その分長谷部が霞んでいたように思えますが、なかなか両立とは行かないのですね…
あとは、啓太の退場が残念でした。
この試合云々と言うよりも、次の千葉戦に出られないのが痛い。
ウッチーも友ちゃんも控えてますから、そういった意味で安心は出来ますけど、
ロビーも帰ってきて、ベストで臨めると思っていたんで…
前半で交代した都築の怪我の具合も心配ですしね…

あとは、永井ですかね。
福岡での活躍もあって、期待はしていたんですが、結局何がやりたかったのか…というか、
ギドは何をやらせたくて永井を出したのか。
替えるなら暢久だろうと思っていたので、平川だったのは少し驚きでした。
入ったポジションはトップ下と言うか、シャドーの位置でしたかね。
その割には、ドリブルで仕掛けるでも無し、裏に飛び出すでもなし。
そういう展開にならなかったと言われればそれまでですが、期待が大きかっただけに、
不満は残りましたね。
今後、下位の相手とやるときには、引いてくることが明白なわけですが、
そういうときにこそ、永井のドリブルが活きて来るはず。
全体にいえることですが、最近少し、強引なドリブル突破と言うのがあまり無いような。
確かに、それで失えばガックリきますけど、ファウルを誘える可能性もありますし。
密集地帯をドリブルで抜く、なんてのはまさに永井の真骨頂ですからね。
最後の最後で仕事はしてくれましたけど、あんな程度の選手ではないはずです。
彼にはどうしても辛口になってしまうなぁ(^^;

さて、次はこれまたいろいろ因縁のある千葉戦。
フクアリ参戦…と言いたいところですが、駒場より入らないスタジアムのせいで(ぇ)、
チケットが手に入りませんでした…(;´Д`)
なので、多分お留守番になると思います。
あぁもう、もう少しジェフに集客力があれば…

では採点コーナー。

都築…6
 ・怪我で大事を取って交代。影響が無ければいいが。
坪井…6
 ・出場停止明けで好プレー。
闘莉王…6
 ・その場面自体少なかったが、相手の高さを封じた。
堀之内…6
 ・何度か右サイドを攻められたが、きっちり対応。
平川…6
 ・前半の決定機を体で防いだ。後半は土屋をもう少し抑えたかったが悪くはなかった。
長谷部…6
 ・伸二の後方でバランスを取った。その分攻撃で目立てなかった。
鈴木…5.5
 ・相手の行為があってとはいえ、冷静さを欠いたの残念。2枚目は微妙と見えたが?
三都主…5
 ・なんどかサイドを駆け上がったが、積極さというか強引さに欠けた。
小野…6
 ・中盤で多くボールに触り、リズムを作った。ラッキーだが先制点も演出。
山田…5
 ・競り合いに負けても、もう少しボールを追う姿勢を見せて欲しい。
ワシントン…6
 ・一瞬のチャンスを逃さなかったのは流石。
山岸…6
 ・都築の怪我で、リーグでは久々の出番。落ち着いていた。
永井…5
 ・最後の最後で値千金のゴールも、仕事はそれだけ。
内舘…採点なし
 ・啓太の退場で突如の出番も無難にプレー。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-04-30 11:23 | 浦和レッズ


<< 走らなければサッカーは出来ません。      相手サポを侮辱した罰は無いんですか? >>