彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 02日

勝つのは本当に難しい。

Jリーグ第6節

浦和レッズ 0-0 名古屋グランパス

「お前らよ、簡単に勝てるとか思ってるんじゃねぇだろうな?」

開始前、コールリーダー氏がこんな感じのこと言ってました。
終わってみれば、まったくもってその通りでした。

それにしても、なんと評したら良いんだろうか。
チャンスが無かったわけではない。
前半にも、伸二(多分)がマリノス戦の再現みたいなことしてくれたし。
いつものような点を取れそうな「気配」がまったくしてこなかった。
マリノスの岡田監督が、レッズ戦のあとに
「今までは簡単に点を取ってきたから…」などとコメントしていたけど、
それが今日のレッズにはあてはまっていたような気がする。

ナビ杯予選のFC東京戦や代表戦もあったし、疲れがあったのはわかる。
ワシントンも、その時の怪我の影響か、明らかにキレが無かった。
ポストも決まらず(これは彼だけの問題じゃないが)、前を向くこともできなかった。
結果論で采配批判するのはフェアじゃないけど、もっと早く黒部に替えても
面白かったような気がする。
逆に、三都主はあまり替える必要性が無かったような。
代表戦の疲れを考慮したのだろうけど、サイドを替えるなら右では?…と。
暢久も万全ではなかったし、堀之内のほうが攻撃的に来ていたくらいだったし。
とにかく、監督も含めてチーム全体が何かおかしかったような…
最後のFKのチャンスも、三都主がいればなぁ…と思ったけど、
やっぱりそれは言っても詮無いことで。

名古屋がやることといえば、カウンターのみという感じ。
しかし、その幻影が最後に活きたような気がする。
終了間際のパワープレイでも、幻影に怯えてか、全然押上げができていなかった。
(少なくとも自分にはそう見えた)
それなのに、本田にあわや、という場面を作られる始末。
でも、どうせスコアレスで終わるくらいなら、全員で攻めて、1点取られるほうが、
ある意味ですっきりしていたかも、などと少し自虐気味に考えたりもする。

もう一つ気になったのが、となりにいたおっちゃん(ぇ
陰口で申し訳ないが、試合中やたらとなにか言っている割に、
コールやチャントがまったく聞こえてこない。
手拍子やら何やらしているのは見えるんだけど…
どうにも気になったんだが、あまり気にして興を削がれるのもバカらしいので、
とりあえず隣で大声出して、かき消す作戦に出る(何
その甲裴あってか(?)後半はおとなしめになりましたけど。
まぁ、それは「スタイルの違い」ということで良いとしても、
唯一つ本当に「ちょっとまて」と思ったのが、
終了後に「まぁ、負けなくて良かったよ」と言っていたのが聞こえたこと。
よっぽど「あんたが言うなよ」といってやろうかと思ったが、思いとどまる(激弱)
本田のが外れてくれたから、ってんでそういうこと言うのはわかるんだけどね…
声を出さないなら指定に行けという人の気持ちが、少しはわかったような気がした。
声が枯れるまで叫んだのなら、そんな言葉が出るはずが無いと思うのだが。
(少なくとも今日の試合に関しては)
選手が挨拶に来たとき南側の人たちが結構拍手してたんで、意外に思ったんだけど、
北はまばらだったというところにも、それは見て取れるのではないかと思う。
(それこそスタイルの違いで、別に南の人たちを否定するわけではないけど)

調子が悪いときでも変わらず応援するというのは、日本人の美徳だと思う。
ただ、「どんなときでも」というのはちょっと違うと思う。
そこで拍手してしまったら、「その程度」であるということを認めたことになりはしないか?
自チームへの野次やブーイングにいい気持ちがしないのもわかるけど、
自分がやるとき、そこには
「お前らの力はそんなものじゃないだろ?いつものプレーを見せてくれよ」
という思いがこもっているのですよ。
これが、04年のナビ杯決勝みたいに、相手GKがバカ当たりしちゃったときとかなら、
負けても拍手はしてもいいと思いますけどね。
あるいはCS第2戦とか、全力を尽くしたが、刀折れ矢尽きたというときにはね。
今日も、ブーイングでもしたかったところですが、負けたわけではないし…
というわけで、拍手をしないという手段をとりました。
「狂信的」ではあっても、「妄信的」にはなりたくありませんからね。

「過ちて改めざる。これを過ちという」という言葉があるそうです。
次はアウェーの福岡戦。
選手たちがよく口にする「レッズのサッカー」とはなにか、再確認して臨んで欲しいです。
しっかし、鬱陶しい雨だったなぁ…
これで勝ってれば、少しは違ったんだけど…
では、今日は辛口の採点コーナー。

都築…6
 ・無難だったが、ロスタイムにミスキックでボールを失ったり、少し「らしく」なかったか。
坪井…6
 ・玉田に自由にさせなかった。
闘莉王…6
 ・終盤はパワープレイで前線に上がったがチャンスは作れず。
堀之内…6
 ・山田を追い越して攻撃参加する場面も。
山田…5.5
 ・前半はサイドから何度かチャンスを作った。後半は守備重視か?
長谷部…5.5
 ・殆ど目立てなかったように思う。もっと前線へ飛び出すプレーが欲しかった。
鈴木…6
 ・中盤での守備もよく、攻撃参加もしていた。その分DFのカバーがおろそかに?
三都主…6
 ・代表での疲れも感じなかった。途中交代は傍目にはやや疑問。
小野…5.5
 ・技巧的なミドルもあったが、それより確実なところで決めなければいけない。
ポンテ…5.5
 ・思うようにチャンスを作れていなかった。
ワシントン…5
 ・怪我の影響か、いつものように突破する場面が見られず。相当苛立っていた。
エスクデロ…5
 ・印象に残るプレーがなかった。期待感はあったのだが…
相馬…5.5
 ・持ち味の攻撃力を見せられる場面が無かった。
黒部…採点なし
 ・もっと早く出して欲しかった。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-04-02 22:02 | 浦和レッズ


<< とにもかくにも首位キープ。      車屋さんダービーその2。 >>