2006年 03月 26日

車屋さんダービーその2。

Jリーグ第5節

横浜・Fマリノス 1-3 浦和レッズ

横浜国際初参戦でした。
前日帰宅したのが日付が変わってからだったので、
(それじゃ前日じゃないんだが(^^;)
のんびりと9時ごろ出発。
まぁ、予想通り大勢のレッズサポーターが来ておりました。
しかし、「最後尾こちらです」の案内の一つも無いって言うのが、どうも腑に落ちません。
埼スタなら必ずいますがねぇ…

そんなわけで入場。
開場しましたので準備してくださいと言われてから、かなり待たされたことにまた不満(ぉ
いろんな情報筋から、2回のほうがよさそうだと判断し、階段を駆け上り2階席へ。
殆ど大型ビジョンと平行の位置に何とか陣取りました。
その頃すでに、前座試合の、FマリノスジュニアユースVSレッズジュニアユースの試合が。
結果は、前半に先制を許すも、後半追いつき、終了間際の得点でレッズJYの勝利。
本当にあの世代は上手いですよ。
今は、育成部門ではやや後れを取っているかもしれませんが、5年後くらいが楽しみです。

それと、横断幕の問題に関しては、ここでどうこう言ってもしょうがないんですけど、
まぁ、ルールはルールとしてきちんと提示されてるんだから、守るべきではありますな。
ただ、アウェー側の指定のとこにまでマリノスの横断幕が来てるのはどうかと。
埼スタでは、ビジターエリア以外は「きっちり」とレッズサポが埋めますからね。
だからほぼ360度レッズ側の横断幕でも全然違和感ないんですけど…
レッズサポが陣取っている下にマリノスの横断幕があってもなぁと思うんですが。
それに、こうなるであろう(レッズサポが大挙する)ことは、前売りの売れ行き見れば、
一目瞭然なことであるはずなんですが…?
別にルール違反を正当化するつもりはありませんけど、
たとえローカルルールであっても、柔軟性はなきゃいけないんじゃないかなとか…
もう一つ言っておきたいことは、余計な負け惜しみのネタは与えないほうが…と。
マリサポさんのブログ見てると、試合そっちのけでこのことしか書いてない人もいますし。

さて、試合内容(ぉ
前半は、一歩も譲らぬというか、「ある意味」では凡戦ともいえた気がします。
まぁ、こういう実力のあるチーム同士の戦いは往々にしてそうなりがちで。
そんな展開だったからこそ、暢久の先制点は大きかった。
いまさら神様が代表に呼び戻すとは思えませんけどね…
脅威といわれる相手の左サイドも、堀之内と共になんとか抑えていましたね。
後半途中の交代は、果たして前半の怪我であったのか否か。
今のところ情報はありませんが、少し心配ではあります。

後半ですが。
トイレから戻ってきたとたん(爆)、ワシントンの追加点。
そこまでスピードがあるタイプではないと思いますが、前を向いたときの迫力は
やはり凄いものがありますねぇ。
昨年ヴェルディとやったときはそんな感じ全然しませんでしたけど、
周りが変われば変わるということでしょうか。
彼にロビーや伸二、長谷部が絡んだ攻撃はやはり面白いですね。
伸二のあの「宇宙開発」は、決めなきゃいけませんでしたけどね…
決まってれば、あの時点で勝敗は完全に決していたはずです。
本人も、外した後しばらく動けませんでしたからねぇ…

残り10分切ったところで、今年はアウェー限定になっているらしい、「Pride OF URAWA」。
だんだんと興味は、連続無失点というところに移ってきました。
ロングボールには闘莉王が、久保とマルケスの突破は坪井と堀之内が、
ほぼ完全に抑えていただけに、いけるのではと思っていました。
しかし、流石はマリノスというべきか、楽に完封させてはもらえませんでした。
2トップは抑えていましたが、マークが明確ではなかったのか…
途中出場の大島のヘッドで1点差…
遠目で誰が競っていたのかはわかりませんでしたが、完璧に前に入られてましたね。
で、ここまでだったらこれまでのレッズでした。
マリノスの隙を突くように、あっという間の攻撃、まさに速攻。
長谷部のゴールが決まって再び2点差になり、ほぼそれと同時にタイムアップ。
残り数秒で、キープしておけばいいのに、それでも攻めの姿勢を崩さなかったことに拍手。
決めた後、もう一度ゴールにボールを蹴りこんでいた長谷部の姿が印象的でした。
普段はそういうことやる選手ではないので、そこにはどんな思いがあったのか…
神様が観戦に来ていたようですが、長谷部のプレー、というか、執念は、
果たして神の目にはどのように映りましたでしょうか。

試合後、挨拶に来た選手にマリサポさんは拍手していたように見えましたが、
自分だったらできたかどうか。
内容についてはともかくとして、1点差になったあとにあっさり決められるなんて、
気が抜けていたといわれても仕方が無い。
まだ時間はあったのだから、奪い返して同点にしてやる!くらいの気持ちを見せないと…
自チームにブーイングはしないほうがという意見をお持ちの方もおられるようですが、
明らかにふがいないときはやるべきだと思っております。
まぁ、そこは自分がどうこう言うところではありませんが。

さて、次はナビスコ杯の予選リーグ、FC東京戦ですね。
平日の駒場は行けません(泣)
TV埼玉の録画中継@ヒロミの解説で見ようかなと思っております。
代表組が抜けますから、そこを埋めてくる選手たちに注目です。
特に、左サイドでの先発が予想される相馬。
なかなかリーグでは出場機会がありませんから、ここでアピールしておきたいところでしょう。
では採点コーナー。

都築…6.5
 ・集中を切らさずプレーしていた。失点は残念。
坪井…6.5
 ・久保に突破を許さなかった。
闘莉王…6.5
 ・ロングボールをことごとく跳ね返す。攻撃は自重気味だったが、バランス重視。
堀之内…6.5
 ・相手左サイドの攻撃陣に振り切られそうにもなったが、最後で粘った。
山田…6.5
 ・大きかった先制点。怪我が心配。
長谷部…7
 ・ロスタイムにみせたゴールへの貪欲さは素晴らしい。今の彼なら代表でもやれる。
鈴木…6.5
 ・もはやこれくらいの出来は彼にとってノルマか。
三都主…6.5
 ・攻守にバランスが取れていた。
小野…5.5
 ・上手さは見せたが、フリーのシュートは決めなければいけない。
ポンテ…7
 ・GKの好守で得点こそ無かったが、前線で動き回り、シュートにラストパスにと活躍。
ワシントン…7
 ・前を向くとやはり強い。ポストだけではなく、ラストパスも供給。起点になっている。
内舘…6
 ・無難なプレーぶり。ナビスコでは先発か?
平川…5.5
 ・ポンテの裏のスペースをケアして攻撃には絡めず。右サイドから失点したのは残念。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-03-26 08:07 | 浦和レッズ


<< 勝つのは本当に難しい。      妥当な結果。 >>