2006年 01月 12日

プレミアリーグも「鎖国的」なんですか?

神戸・三木谷社長「外国人枠撤廃」訴えた

「グローバル」とか言えばなんでも通るわけではないでしょうに…

Jリーグが出来た目的のひとつに、「日本代表の強化」というのがあったはず。
確かに外国人が増えればリーグのレベルは上がるでしょう。
対戦する日本人のレベルも上がるでしょうね。
でも、それで若手日本人選手の出場機会が奪われたりすれば、
本末転倒って事になりかねませんよ。
たしかイングランドのプレミアリーグは、そういう事態を防ぐために、
EU外の選手は、その国の代表戦の過去何割に出場していないと、
就労ビザが降りないと言う規定があったはずです。
(レッズの三都主は清水時代にそれで弾かれてますし)
Jリーグが鎖国的なら、プレミアも鎖国的なんですかね?

それに、「地域密着」もJリーグの理念の一つ。
外国人が半数以上占めるようなチームに、「応援よろしく」って言われてもねぇ…
果たしてそんなチームを応援する気になるのかどうか。

野球のメジャーリーグには外国人枠はありません。
でも、それはアメリカ自体が移民の国で、外国人と接することが当たり前ってことも、
抵抗が少ない理由の一つなんじゃないでしょうか。
対して日本は島国で、今でこそ国際化されてきていますが、
「外人さん」という意識は無くなっていないでしょう。
外国人と見れば、「日本語お上手ですね」とか言ったりしますしね。
日本人がアメリカ行って「英語お上手ね」とかってあんまり言われないと思いますし。
そういうところが鎖国的といえば鎖国的なのかも。
でも、逆にそれが、外国人に対する親切心になって現れたりするんで、
一概に「鎖国的」なのが悪いとは言い切れないんじゃないでしょうか。
実際、日本に来た外国人選手でそういうところに感動する人は結構いますし。
それと、サッカーではスペイン、イタリア、イングランド、ドイツ等、レベルの高いリーグが
世界にいくつもあるのに対して、野球はメジャーと日本のプロ野球くらいでしょう。
だから、最高レベルの選手はメジャーに集中するという図式もある。
外国人枠の概念が無いのはそういうところもあるでしょう。
それでも、昔は黒人選手を差別していたわけですしね。

まぁ、何を意図して三木谷さんがこんなこと言ったかはわかりませんが、
(まさか外国人枠のせいで思ったような補強が出来なくて神戸が降格した、とでも???)
素直に賛同できかねる主張ではあるなと思いますね。
少なくとも、出来て10年足らずのプロリーグでやることではないのでは?
50年くらいたったら別かもしれませんけどね。

そんなことより、神戸を一年でJ1復帰させる方策でも練ったらどうなんでしょうか。
そっちのほうがなんぼか建設的と思いますが…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-01-12 22:13 | サッカー


<< totoより難しい、レッズのス...      最強レッズが来る! >>