2006年 01月 09日

明日は我が身とならぬよう。

なんだか、ヴェルディがものすごいことになっているようで…

J2降格が決まって、あちこちに選手引き抜かれていることで、
業を煮やした一部のサポーターさんが、よみうりランドに集まって、
選手に直接残留を求めたとか。

こういう話を聞くと胸が熱くなるというか…
いや、多分レッズサポーターが何言いやがるといわれるんでしょうが…
でも、こちらも降格の経験がありますからね。

それにしても、時期が悪かったとしか言いようが無いですね…
W杯の年と重なる上、「神様」もJ2からは呼ばない、みたいな事いってるそうで。
まぁ、鹿島の選手だったら(ry
でも、こんな事いっては失礼ですが、代表と縁がなさそうな選手まで、
こうも次々と出て行かれるというのは、「よりレベルの高いところで」とか、
そんな単純なことでは片付けられないのではないですかね。

本気でACLに出るつもりのフロントもよくわかりませんな。
これで今年上がれないようなら、「ACLがありましたから」とか言い訳するつもりでは?
なんて勘繰ったりもしたくなるというものです。
ところで、ここ数年ヴェルディの試合をリアルタイムで日テレが中継してるところを
見たことが無いような気がするんですが、あの会社はヴェルディをどう思っているのか。
企業名付けられないチームなんざどうでもいいとでも思ってるのか。

レッズも、降格前はどうしようもないフロントでしたけど、
J1復帰を契機にして、全く変わりましたからね。
そして、欧州のサッカー文化に精通した犬飼現代表を迎えて、
今の地盤を築き上げたわけですが。
ヴェルディにだって、読売クラブ時代からの輝かしい歴史があるんだから、
そういう人材の一人や二人くらいいそうなもんなんですけどねぇ。

しかし、レッズもヴェルディを他山の石としなければいけませんな。
いまや完全に力関係は逆転しましたが、いつまた再逆転があるとも限らない。
そうならないためにも、良い時こそ上を目指していかないと、ということですね。

ともかく、ヴェルディのフロントには、このサポさん達の熱い思いを、
決して無駄にして欲しくは無いですね…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2006-01-09 20:51 | サッカー


<< 最強レッズが来る!      歩みを止めるな。 >>