彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 04日

限りなく分厚かった勝ち点1差。

アルビレックス新潟 0-4 浦和レッズ

悔しいの一言に尽きますね。
もっとも、この程度の成績で、ここまで優勝の可能性が残っていたことを見ても、
今年のJリーグのレベルってどうだったのかと疑問が残ることも確かです。
しかし、昨年までのように、短期決戦で勢いで突っ走れるようなチームが、
突発的に優勝するようなことは今後なくなると思うので、それは良いのかなと。

前置きが長くなりましたけど、予告どおり(?)レッドボルテージに行ってきました。
昼前に着いて、軽く店内を見た後は、備え付けのテレビでGGRを延々見ておりました(^^;
正午過ぎくらいに列整理(?)。
ずっとテレビ前に張り付いていたおかげか、運良く最前列を獲得。
ただ、映画館の最前列よろしく首が痛くなりましたけどね(^^;
そろそろ開始時間かなというあたりで、一度後ろを振り向いてみたら、もう人・人・人。
早めに来ておいてよかったと思いましたね。

試合開始。
レッズのゴール裏が映されると、集まった人たちからなんとも言えないため息が。
「あぁ、行きたかったなぁ…(;´Д`)」というところでしょうね。
気温5.1℃とかいう寒空で、上半身裸の人も多数いましたね。
風邪などひかれなかったか心配ですが…
優勝が決定する日ということもあって、逐一入る他会場の経過に一喜一憂。
(こういうのに不満な人もいるようなんだけど、嬉しい事は嬉しいと言った方が…)
いきなり入ってきたのが、セレッソ先制の報。
「なんだよ、おいおい!」とか、怒号が渦巻いてましたね。
そうこうしていたら、ロビーのFKから堀之内の先制ゴール。
すごい盛り上がりでした。
セレッソもガンバも先制するも追いつかれ、前半終了時ではレッズがもっとも優位に。

ずっと座りっぱなしだったので、ハーフタイムで伸びなどしたり(^^;
後ろを見ると、店の外まで溢れんばかりの人が…
優勝していたらどうなっていたことか(^^;

後半も着実に加点するレッズ。
しかし、他会場の経過が芳しくありません。
まわりからも、「なにやってるんだよー」「頼むよ…」などといった声が聞こえてきました。
そして、ついにガンバ勝ち越しの映像が。
なんとも表現しがたい悲痛な叫びが…
レッズの勝利は濃厚となりましたが、セレッソもガンバもリード。
そこに、セレッソ追いつかれるの報で会場大歓声。
しかし、すぐにガンバが決定的な4点目を取り、一転落胆に変わる…
結局そのまま試合終了。

シーズンの振り返りは、「天皇杯で優勝した後」にやりたいと思いますが、
とりあえずリーグ戦を軽く振り返ってみると…

リーグ戦の真っ最中にチームのモデルチェンジを図らなければいけない事情がありながら、
よくここまで粘ったなという印象です。
上位がコケてくれたという幸運にも恵まれましたし、
本来は優勝していい成績でもない気がしますけど。
とはいえ、リーグ最小失点の守備はお見事。
攻撃力も昨年ほどではないといっても、今日の新潟戦や、得失点差をだいぶ稼がせてもらった
ヴェルディ戦のように、ノッて来たときの爆発力は健在ですね。
来年達也が復帰したら、また戦術面で変更はあるんでしょうけど、
今年見せてくれたような対応力があれば、多分大丈夫でしょう。

多分、ガンバ戦を勝っていればと思われる方は多いでしょうが、
それよりも神戸と引き分けたり大宮と柏に連敗したりしたほうが問題と思いますね。
そういうところで如何に取りこぼさずにいけるかが、来年の課題でしょうか。

賞金として1億円が入ってくるわけですが、有効に使って欲しいですね。
社会への還元も良いのですが、今回は補強に使ってほしいなぁ…
別に罰は当たらないと思うんですけどねぇ…

現地まで行って戦ってきた皆さん、レッズランドで戦った皆さん、
自宅のテレビの前で戦った皆さん、そしてレッドボルテージで一緒に戦った皆さん、
本当にお疲れ様でございました。
あとは天皇杯!
もう獲るしかないですね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-12-04 00:33 | 浦和レッズ


<< WBCメンバー発表      パブリックビューイングinレッ... >>