彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 27日

ホーム最終戦。

浦和レッズ 1-0 ジュビロ磐田

おはようございます(ぉ
レッズナビ見てたら、いつの間にか寝てしまっておりました(^^;
まぁ、自分のメールが紹介されたところは読まれたんで良いですが(ぇ

来月10日に天皇杯準々決勝のFC東京戦が愛媛でありますが、
それに負けるようなことが万一あれば、この磐田戦が今年最後のスタジアム参戦です。
試合前には、福田正博さんのトークショーもあったので、いつもより早めに出発。
現地には9:30くらいに到着し、並びの場所取りをした後トークショーへ。
運良く最前列をゲットしました(ぉぉ

しかし、福田さんってああいう人だったんだなぁと(^^;
司会(?)の上野アナも言っていましたが、すっかりタレントになってしまいましたね。
ジェフのオシム監督が、「(優勝争いの)電車に乗り遅れた」といっていたと聞いて、
「だったら次の特急に乗ればいいんですよね」なんて言っていたり。
これが、なんとなくレッズのことを暗示していたような…
引退後初出演のCMでも「笑わせて」もらいました。
あっ、「笑う」んじゃなくて「くちずさむ」んでしたね(笑)

さて、開場。
いつもより早く並んだ割に、いつもより遠くの席になってしまった…(;´Д`)
まぁ、54000人越えてましたからね。
開始前からゴール裏の雰囲気は「戦いモード」だったなと思います。
あの雰囲気はマリノス戦以来でしょうか。
まさに地面が揺れてましたからね。
後半45分ぶっつづけの「PRIDE OF URAWA」は流石にキツかったですが(ぉ

試合自体はかなり危なっかしかったような。
右サイドでの攻撃はそれなりにつながるんですが、左にボールが出たときは、
どうしても三都主一人しかいないかんじで、無理に突破して奪われるか、
アーリークロスでミスするかっていう印象でした。
まぁ、良いアイディアの攻撃はやっていたと思うんですけどね。

失点していてもおかしくないような展開ではありました。
後半の名波のフリーキックがポストに当たったのもそうだし、
他にも危うく失点かという場面がありましたしね。
MDPで主審が上川氏だと知ったときから、怪しい判定になるであろうとは覚悟していましたが、
まさにその通りになりましたね。
開始早々に「神の手発動」を見逃したり、
岡野の突破でエリア内でファウル受けたのを見逃したり。
「神の手氏」の一発退場も、せいぜい警告どまりかと思ってましたし。

まぁ、なんにしろ勝てたのは良かったですよ。
ガンバが負けて、セレッソが引き分け、鹿島も負けてくれたんで、
結局最後まで優勝の可能性が残りましたしね。
何度となくこのブログで書いている言葉ですが、

「天の与えるを受けざれば、かえってその咎を受ける」

セレッソが2000年に1stステージ制覇まであと1勝としながら、川崎に敗れ、
翌年は降格の憂き目を見たことを、けっして対岸の火事と思ってはいけませんね。
天皇杯も含め、今獲れるタイトルは全力で獲りにいって欲しいものです。

天皇杯で準決勝進出できれば、何とか埼スタに行きたいと思ってます。
年内にもう一試合みたいですね。
そして元日も…

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-11-27 10:03 | 浦和レッズ


<< あんたにはライオンズブルーが似...      生まれた年以来のファン感謝デー。 >>