2005年 11月 13日

勝利の女神に後ろ髪はあるか。

ガンバ大阪 2-1 浦和レッズ

勝てた試合だったなぁ…_| ̄|○ガクリ

かなり狙い通りの試合展開ではあったと思うんですよね。
前半終えて0-1なら御の字だったとは思うし。
ただ計算違いだったのは、相手GKの当たりっぷりですかね…
三都主のFKを防いだり、横山のヘッドも片手で弾いたり、
終了間際の闘莉王のシュートも真正面だったりで…

とはいえ、ガンバを意識しすぎたって言うのもあるんじゃないかと。
特にセットプレーで、いつもやらないようなトリックプレーやってみたりとか。
策士策におぼれるというが、もっとシンプルにやればよかったのにと思いますよ。
ああいうのは高さで劣っていたりするときにやるのはいいが、
闘莉王、マリッチ、永井達ならシジクレイ以外になら競り勝てるはずだし…
やっぱりなれないことはやるべきじゃないって言う教訓ですかね。
そういうのって、よく選手が言う「レッズのサッカー」では無いと思うし。
こういうときこそキャッチフレーズの「けれん味なく」を思い出すべきでしょう。

決勝点になった失点に関しては、まぁ仕方ないですね。
とにかく追いつかなきゃ話にならない状況でしたし。
ただ、岡野投入直後でDFラインが固まっていないときだったのは、
間が悪かったと言えるのかもしれませんね。
ただ、その辺のことは岡野が入った時点である程度意思の疎通を図るべきでは
あったと思うんで、そういうところの「ぬかり」がまだまだ甘いと言うことですかね…

タイトルの元ネタ(?)は「幸運の女神には前髪しかない」っていうことわざからなんですが、
このままだと勝利の女神は光より速く去っていきそうです…
もう一度「前に回りこめる機会」が訪れればいいんですがね…
とりあえずホーム残り2試合は埼スタ行きます。
どういう結果になろうとも、「Pride Of URAWA」を見届けたいと思っております。

…と、カッコよくまとめてみる(何

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-11-13 20:43 | 浦和レッズ


<< ロビー様。      レッズの出ない決勝なんて… >>