彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 29日

家本マジック炸裂

浦和レッズ 3-2 川崎フロンターレ

まず、川崎サポさんにはご愁傷様といわなければなりませんね…
今日の主審の家本氏。
噂には聞いていましたけど、あそこまでひどい審判だとは思いませんでした。
前半からやたらと笛は吹くわ、カードは乱発するわで、こりゃ凄い荒れるぞと思ってました。
もっと言うなら、試合前にマッチデープログラムで彼の名前を見つけたときから、
荒れそうだという予感はしていました。
結果的に退場者一人って言うのが嘘みたいでしたよ。
今シーズンいろいろと酷い審判にめぐり合ってきましたが、ベスト(ワーストか)1かも。
もしや、「晩餐会入り」を狙ってるんじゃなかろうかと思いましたよ…

前半は、レッズが三都主の活躍で2点先制すれば、川崎がセットプレーから追いつき、
タイスコアで終わりました。
特に、追いつかれたのが終了間際で、なんともいえない悔しい失点だったので、
かなりガックリきてました。
後半開始後も、いつもなら怒涛の攻めが見られるところなんですが、
レッズ陣内でボールが動くことが多くて、「おいおい大丈夫かよ」と思っていたら、
CKからヘッドで勝ち越し点を許してしまい…
ただ、なぜか「ただいまの得点は…」のアナウンスもないし、大型ビジョンのスコアも
2-2のままで動かないから、どうしたんだろうと思ってたんですよね。
で、川崎ベンチが何やら文句言っているようだったから、その辺の事かと思ってたんですが。
結局ノーゴールだったのかと悟ったのはずいぶん後でした。
その後ポンテのクロスから闘莉王が頭で合わせて「勝ち越し」。
一応喜びを爆発させては見たものの、先ほどの疑惑の1点があるものだから、
本当に喜んでいいのかも疑問でした(^^;
で、そのまま試合終了し、「我等が浦和レッズが勝ちました!」とのアナウンスを聞いて、
「あぁ、本当に勝ったんだなぁ」と、やっと思えたわけです。

川崎の関塚監督いわく
「選手は勝とうとすべてを出したが、勝たせてくれない何かが働いていた」
だそうですが、今回ばかりは川崎に同情します。
まぁ、レッズサポに言われても神経逆なでするばかりなのかもしれませんけど…
たまたま勝ったのがレッズだったと言うだけで、
両チームにとって酷い試合になってしまいましたね。
こんな試合を見せられても、まだ川淵キャプテンは
「審判に文句言うのは見苦しい」と言えるんでしょうか。
家本主審だって、一応スペシャルレフリーなんだし、プロなんですから。
プロである以上、まずい判定は糾弾されてしかるべきなんですよ。
最終的には審判の判定に従うべきと言うのもわかるが、間違いは間違い。
試合中に覆らないのは仕方ないが、毎度反省の見えない妙な判定されてるんじゃ、
選手もサポもたまったもんじゃないというものです。
こっちだって別にボランティアでやってるわけではない。
レッズの勝ちが最優先ではあるが、何より好ゲームを見たいんです。
レッズが勝ちさえすれば、グダグダの内容でもいいというものではありません。
今日の試合だって、リーグを代表する攻撃力を備えた両チームの対戦ですから、
攻撃的な良い試合が見られるに違いないと思っていたのに…
なんたって、あのマリッチがペットボトル蹴り上げて警告食らったくらいですからね…

挙句には、スローインの指し間違い(どっちのボールか)までやってくれました。
思わず「審判、紛らわしいんだよ!帰れ!(`□´)くわっ」とか叫んじゃいましたよ…
草サッカーやってるんじゃないんだよ。
これが国内のトップリーグを裁く審判のレベルかと思うと情けなくて泣きたくなりました。

勝ちはしたけど、どうにも素直に喜べませんな。
同病相哀れむというのか、川崎サポさんの気持ちもよくわかりますし。
もし次、家本主審がレッズ戦担当するようなことになったら、
試合前の審判紹介のところでブーイングかましてやろうと思っております。

っていうか、もう来るな。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-10-29 21:38 | 浦和レッズ


<< もはや年中行事だな…      実力のパ、パの実力 >>