2005年 10月 06日

審判は平等なのではなかったのか?

浦和・闘莉王 痛い退場…

ブッフバルト監督いわく…

「闘莉王は(試合前に上川主審から)気をつけろ、と言われた。試合前に選手にプレッシャーをかけるのか」

…ということなんですがねぇ。
本当にこんなこと言われたんですかね?
だとすれば、闘莉王はもともと闘志あふれるプレースタイルが持ち味ですから、
そういった部分で思い切ったプレーが出来なくなることだってありえますよ。
実際に警告の対象になったプレーを見てないんでわからないけどね…
ギドの審判批判はあんまり好きじゃないんですけど、これが事実ならひどい。

川淵キャプテンが、最近審判への講義が見苦しいといっていたけど、
信頼できる審判がいないって言うこともあるんじゃないですかねぇ?
アルパイの時だってそう。
そんな「ラフプレーばかりする選手」が、なぜ日本を離れたとたんブンデスリーガに誘われ、
トルコ代表にまで返り咲いているのか。
もちろんラフプレーを奨励するものではないが、
そろそろ、もうすこし当たりに厳しくしたって良いのではと思いますよ。

そもそも、シミュレーションってどういう判断基準なんでしょうね?
明らかに相手の足がかかっていなかったりしたって、全力で走っていれば、
バランスを崩したりするもんです。
日常生活でだって、意味もなく転んだりすることくらいある。
そういうとき、「何やってんの?」と問われても、「さぁ…?」としか答えられないって事も。
結局は第3者にはわからないんじゃないですかね。
ハンドが故意かそうでないかの判断基準と同じですよ。

イタリアでしたかね…
サッカーの番組で、審判について採点するようなコーナーがあるらしいですね。
日本も、それやったほうが良いって言う意見をどこかで呼んだんですけど、
本当にそうだと思う。
レッズが被害にあっているとかそういう問題じゃなくて、
たとえばアルパイのように、審判に嫌われて最後は日本を去ったような、
ワールドクラスのプレイヤーが、友人に日本サッカーについて問われて、
「あの国は審判のレベルが低いから止めたほうが良いよ」なんて言ったとしたら、
良い選手が日本に来てくれる可能性が減ることにもなりかねない。
来年ドイツW杯があるけど、「Jリーグではファウルだったのに!」なんて言って、
馬鹿にされるようなことは避けなければいけませんよ。

選手は、かなりレベルが上がったはずです。
でも審判はどうでしょうね…
審判が選手を色眼鏡で見るのと同じに、サポーターも審判を色眼鏡で見てますよ…?

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-10-06 16:38 | 浦和レッズ


<< プレーオフ第1ステージ開幕前夜      楽しみ一つ消滅 >>