2005年 08月 20日

Va・mos・Ponte!

浦和 2-1 FC東京

バーモース・ポンテ!(ぉぉ

いやぁ、気分が良い(何
東京とは、何かと因縁があったり、対戦成績も悪かったりで、
更に監督は元レッズの原博実氏であるということもあり、
レッズ側とすればこの一戦にかける思いは相当なものがあったりします。
個人的にも、ここと大宮にだけは絶対負けてほしくありません。
(当然ながら他のどこにも負けて欲しくはないんだけど)
しかし、今年はアウェーでも勝っていますから、
今年に限って言えばお得意様でしたね。
昨年のナビスコの決勝での屈辱は、リーグ戦でいくつ勝っても晴らせませんが、
多少溜飲は下げられたかなと思います。

今日の試合はなんと言ってもポンテ。
彼のためにあったような試合といってもいいのではないかと思います。
1得点1アシストの大活躍。
特に決勝点になった得点は、「びゅーてぃふぉー(ぇ」としか言いようがありませんでした。
試合終了後のダイジェストで何度となく映し出されましたけど、
そのたびにサポーターからは「おぉー」という歓声が。
もう一つうれしかったのが、「彼の前の10番」がよくやっていた、ゴール裏に対して
「もっと盛り上げてくれ」という煽りのポーズ。
ブラジルでは結構当たり前なんでしょうか。
思えば、得点になったシュートも、「前の10番」が昨年の鹿島戦で見せたゴールに
近かったですし、タイプは違っても面影…といったら変ですが、そういうのがあるような。
ともあれ、これで完全にサポーターの心を掴んだと思います。
唯一つ残念だったのが、終了間際に負傷退場してしまって、
ロッカーに引き上げてしまったため、インタビューが聞けなかったことですかね。

えーと、永井のことも忘れたわけではありません(^^;
先日の、ナビスコのエスパルス戦ではベンチスタートでしたが、今日は先発復帰。
清水戦でもそうでしたけど、なんだかゴールへの意欲というか、欲求が
表に滲み出しているような気がします。
まぁ、マリッチが加入して、達也は絶好調とあらば、危機感持つのは当然ですが。
そうでもないとエンジンかからないのかこの人はと思いますけどねぇ(^^;
得点シーンは、ポンテの裏へのラストパスを受けて、右サイドのかなり角度のないところから
逆サイドの再度ネットを狙った、すばらしいピンポイントシュートでした。
周りの声を聞いていても、サポーターは皆永井に期待してるんですよねぇ。
本当はとっくに代表定着して、海外も視野に入れて欲しいくらいなんですけど…
まだまだ永井には不満が残りますけど、それも期待と彼の力を信じるが故ですから。

さて、マリッチ。
今日も、結局どんなタイプかわかりませんでした。
見る目がないだけかなあ…
前半は、結構彼をターゲットにしようという意図があったようですけど、
後半はポンテを中心にサイドに散らしたり、裏を狙ったりで、
あんまり見せ場がなかったような気がします。
この程度だとは思いたくないんですけど、清水戦の後ほどの期待感はないかなぁ…
なんにしろ、まずは1点とって欲しいです。
クロアチア代表にまでなった選手ですし、それなりの力があるということを
証明してもらいたいものです。

さて、次は水曜日に駒場での神戸戦です。
チケット取れなかった…_| ̄|○
まぁ平日ですし、久々のテレビ観戦と行きましょうかねぇ。
今日は結局、鹿島もG大阪も負けてくれましたから、首位とは勝ち点7差まで来ました。
1シーズン制とはいえ、最下位にまで落ちたチームがもし優勝なんてことになったら、
世界的にも珍しいんじゃないですかね?
ある意味レッズにしかできない芸当かもしれませんが(^^;
そんなわけで、絶対取りこぼせません。
残留争いしてるようなチームならなおさらです。
「見下す」のはよくないが、「見下ろす」のは大いに結構。
たまには横綱相撲でもやってもらいたいものですが…?

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-08-20 22:18 | 浦和レッズ


<< 点差以上に大きな差。      勝ててよかった…(つД`) >>