2005年 07月 04日

Jリーグ再開

浦和 2-1 新潟

行ってきました、埼スタ。
ナビスコの大宮戦に続き、雨中での観戦となりましたが、
まぁ勝ったので良しとしよう。

今日の相手、新潟のサポーターは、「賑やかである」事で有名ですが、
今日実際見てみると、なかなかだなぁと思いますね。
一部でタダ券ばらまいてるとか悪評も流れてますが、
質自体もそんなに悪くないのではと。
というか、埼スタまでくるくらいだから、あそこにいたのは特別熱い人たちであったとも
言えなくないんですけど。

今日から、「エメル丼」なる弁当が、埼玉県内のファミリーマートで販売されているんですが、
スタジアムの外でも売っていたので、戦略に乗せられているとわかりつつ、
話の種にと食べてみました。
………冷たくておいしくなかった(;´Д`)<ナンデスト
温かければ、もう少しおいしかったんでしょうが、外で売ってるから仕方なかったのかねぇ…
それと、スタジアム販売分には、ステッカーがつくんですが、その写真が、
浦和の伊勢丹のアレ…
すなわち、エメがまだ合流していないときの集合写真。
右上に、小さく丸で囲ってあって、その中にエメだけがっていう…
エメがいないのに販売するのもアレだし、そういう写真を使うのもアレだし…
なんだかなぁと思ってしまいました。

さて、試合内容ですが、前半はあんまりよろしくなく。
一応ボールはまわせていたし、時折サイドから良い攻撃もあったようだけど、
どっちかといえば持たされていた感じで、最後の出し手が見つからない状況。
挙句、前半40分という、良い時間帯(by原博美(ぇ)に、絵に描いたカウンターから一発。
この時点では、どうなることかと思いましたよ…
ほとんど危ないシーンがなかっただけに、この一点はもったいなかったという感じでしたね…

そんなわけで後半。
「ゴールで俺たちを熱くさせろ!」というサポーターの声援に応えるかのように反撃開始。
キャプテン山田のラッキーともいえるミドルで追いつくと、
6分後には、右サイドからの低いセンタリングに、達也がうまく合わせて逆転成功!
♪カモン、スーパー達也~♪(ぉ
この2点目が秀逸だったと思いますねぇ。
相手DFよりも一瞬速くボールに触り、ニアサイドに押し込むというか、流し込むというか…
まるで、先日見事な敗戦を喫したバルセロナ戦で、ラーションが見せたゴールのような…
達也の身長で、高いボールを競り勝とうなんて、ちょっと無謀ですが、
足元に早いボールが来れば、相手も対応しづらいですからね。
そこに一瞬のスピードで入り込めば、今日のゴールのようになると。
今後はもっとこういうシーンが増えるといいんですがねぇ…

さて、これでレッズは4位浮上となったわけです。
エメのこととか、噂される新外国人のこととか、色々ありそうですが、
ともあれ好スタートを切ったといえるでしょうね。

人気blogランキングへ
[PR]

by warubee | 2005-07-04 00:11 | 浦和レッズ


<< それが現実      投手王国見る影もなし >>