2005年 06月 12日

「レッドスター」

レッドスター=赤星(アカホシ)。
と言っても、阪神タイガースの赤星選手ではありません。
浦和レッズのルーキー、赤星貴文選手のことです。

静岡の名門、藤枝東から今年レッズに入団した、期待のルーキーで、
今日のアルビレックス新潟とのナビスコカップ予選リーグに出場しました。
いやぁ、実に良かった(^^)
左右両足で出せるパスや、簡単に取られないキープ力。
とてもルーキーとは思えないプレー振りで、3-0で負けたと言うことを忘れてしまいました。
もう少し早く出場機会が巡ってきていれば、ワールドユースという芽もあったんでしょうが…
まぁ、今後いくらでも代表のユニフォームを着る機会はあると思いますからね。

ところで、アルパイですよ…
実際にどんなプレーで警告受けたのか見ていませんから、そこはなんともいえませんが、
ひとつ思うのは、彼はもう日本でやるべきじゃないのかもしれません。
いや、別に出て行けって言ってるんじゃないですよ。
こんなに、出ては退場を繰り返しているようでは、得る物なんて無いでしょうと言うこと。
アルパイ本人にとっても、レッズにとってもです。
そもそも、去年はここまで酷くなかったですからねぇ…
大分戦で退場になったときも、「何でこの程度のプレーが警告なんだ!(`□´)くわっ」
って言うところがありありと見えましたからねぇ…
審判の判定は絶対です。
でも、それならせめて「均一な判定基準」であって欲しい。
あの試合は特に酷かった。
アルパイが警告で、ネネが退場なら、相手も退場になっておかしくなかった選手がいたのに、
結局警告だけでしたからね…
明らかなPK見逃しもあったし。

確かに、審判に文句言うのはいいこととはいえません。
ただそれなら、文句も言えなくなるようなレフェリングをしてくださいよと。
明らかにおかしいと言うのがわかっているのに、それでも文句言うなと言うのはどうか。
野球で言えば、ど真ん中でボール宣告されて、文句言うなと言えるのか。
レッズの某選手の言葉を借りれば、選手は命かけてやってるんです。
審判もプロになる時代なんだから、同じく命かけるくらいのつもりでやってもらわないと。
以前、甲子園球場のグラウンドキーパーの人のインタビューを読みましたが、
「ひとつのイレギュラーが球児の運命を変えてしまうかもしれないから、
そんなことが起こらないようにと、グラウンドの整備を行っている」
というような事が書かれてました。
仮にもプロと名乗るなら、これくらいの心構えはあって欲しいんですが…
まだJリーグの舞台ならいいかもしれませんよ?
でも、W杯に呼ばれたときに、そんなバカバカしい誤審してるようだと、
日本の審判ってのはダメだなぁなどと思われてしまうんですから。
結局は自分に跳ね返ってくるんですからね・・・

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-12 00:30 | 浦和レッズ


<< まだまだ世界は遠い      柳沢が鈴木に見えた… >>