2004年 09月 18日

脅威の得点力…

浦和レッズ 4-1 アルビレックス新潟

やっとサッカーネタで書ける(ぉ

我が浦和レッズ、めでたく開幕5連勝…と。
ここまで来ると、いよいよ優勝といいたくもなりますが、
長年レッズサポやってるものとしては、いつまた裏切られるかって感じなんで(^^;

昔の本に、「スピードの三菱」っていうのが乗ってたんですが、
今のレッズもまさに「スピードのレッズ」ですな。
エメルソンなんて、全身スピードって感じです。
シュートのときのあの足の振りの速さは必見です。
ここまで20点取っていながら、右足で17、8点取ってるんですね。
残りは頭で取ってるから、左足は0点なんですなぁ…
相手DFもそのデータはあるはずなんですが、判っていても止められないんだなぁ…

今日はセットプレーで取れたことも大きかった。
去年もそうだったけど、これまでは、得点は出来ず失点はかさむという状況だったし。
もともと高さが足りないチームだったから、ある意味仕方ないというのはあるんだけど、
2ndはアルパイとネネが加わったから、かなりの武器になってきそうですね。
山瀬と三都主という精度の高いキッカーはいるし。
ただ、3人とも上がってくるのはどうだろうか。
ただでさえ守備に不安があるんだし…
長谷部がカバーに追われるようだと、良さが消えないか心配。
啓太もそうなんだけど、今の役割だと啓太が守備重視で、長谷部が攻撃重視って所だと思うから…

長谷部はやっぱりボランチが合ってる気がする。
先日、某ラジオで中西哲生さんが日本代表について言ってたんだけど、
「トップ下には本山のようなシャドーを置いて、ボランチに小野のようなパサーを置くのが良いのでは」
まぁ、大体こんな感じだったと思うんですが。
今のレッズを見ていると、まさに同感って感じです。
山瀬がシャドーとしてトップ下にいて、後方からでも組み立てられる長谷部がボランチにいれば、
十重二十重の攻撃が可能ですからね。
個人的評価として、長谷部は中田英と小野を足したようなプレーヤーと思っております。
なんだか最近目立ってない気もするんですが、
それもチーム全体が良いという証拠だと受け止めておきましょうか。

今日はストで野球が無かったんだけど、そういう時はサッカー見てもらいたいなぁ。
レッズの試合見たら、きっとサッカーの面白さ判ってくれると思うんだけど…
そしてレッズサポになってもらおうという<それが狙いかい

今日はマリノスもガ大阪も勝ち点2を損してくれましたからねぇ…
中国地方様様ですかな(何<広島と神戸
次はトキオを倒しましょうか(ぇ
[PR]

by warubee | 2004-09-18 22:08 | サッカー


<< 痛すぎる      コミッショナー辞任て… >>