2005年 06月 05日

さいたまダービー第2ラウンド

ナビスコカップ予選リーグ第5戦
大宮 1-3 浦和

実に、96年以来のスタジアム参戦でした(^^;
やっぱり、スタジアムは良いですなぁ。
あの、ゲートをくぐってスタンドに出たときの感動といったらありません。
(一度でもスタジアムで観戦経験のある人ならわかってもらえるのではと)

しかしこのゲーム、大宮のホームだったはずなんですが、
どこからどう見ても浦和のホーム状態で…
大宮側のゴール裏がなんとなく寂しく見えました。
まぁ、これから時間をかけてサポーターを増やしていってもらえればいいんですけど。
そして10年後くらいには、浦和ホームでは赤、大宮ホームではオレンジが、
スタンドをキレイに染め上げる光景を見たいものだなぁと思いますねぇ。

さて、試合内容ですが。
啓太のミドルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!(マテ
ホントに、ここ数試合別人のような精度なんですよねぇ…
マリノス戦の、永井の決勝ゴールを呼んだミドルもそうだし、
新潟戦で決めたのもそうだし、そして昨日も。
もう、いつ代表に呼ばれてもおかしくない気がするんですが、神様どうでしょうか(ぉ
実は、ひそかに啓太ファンなので、彼が活躍するのはすごく嬉しいのです。
今野?阿部?知らんなぁ(゚▽゚)ノ(ぉ
というか、13番のレプリカまで着込んどいて、ひそかも何もあったものではないんですが(ぉ

前半は3-0と、まさに理想的な展開。
ただし、後半になるとパッタリと足が止まる。
ぜんぜん点を取ろうという気配が見えないのです。
まったく、前回のダービーで、2-1に追い上げられて薄氷の勝利だったことを、
もう忘れたんですかねぇ、あの人たちはと言う感じ。
ましてや、相手が一人少ない状態なのに…
あげく、ラッキーシュートとはいえ1点を取り返される。
近くにいた人が「どっちが一人多いのかわかんねーよ」とこぼしていましたが、まさにそう。

ちょうど失点したあたりからでしょうか、スタジアムが大雨と雷に包まれます。
元々、雨の予想ではあったんですが、降水量事態はそんなになさそうという予想だったので、
まぁなんとかなるだろうとタカをくくっていたんですが、何とかなりませんでした(爆)
次行くときは、ポンチョでも買っていこうと思う…(;´Д`)
オーロラビジョンも気づかないうちに消えていたんですが、
「消した」のではなく「消えた」ようで、相当すごかったんですねぇ…
タオルマフラーを頭にかぶりつつ(ほとんど効果は無かったが)、「Pride Of URAWA」の
大合唱。
大宮側の横断幕で、「PRIDE OF OMIYA」と言うのが見えましたが、
まだ大宮がそれを語るのは早いなという感じですな。

まぁ、そんなこんなで最後の15分くらいの記憶が飛んだまま試合終了(ぉ
無事、というか順当に準々決勝進出を決めました。
この試合の前半のようなゲーム展開が出来れば、そうそう負けは無いと思うんですけどねぇ。
藤田が名古屋決定とかかかれてますが、これくらいボールを速く動かして、
勝負どころで3トップの必殺のドリブル、長谷部のスルーパス、山田のサイド突破、
そして啓太のミドルと、これだけオプションがあれば、別に藤田なんぞいなくても(マテ
…とかいいながら、やっぱり来てほしい選手ではあります。
なによりレッズは若いチームですから、その経験がほしいんですよねぇ…

何はともあれ、「先輩」としての意地は見せられた、さいたまダービーでしたね。

人気blogランキングへ

↑ランキングに参加しています。くりっくぷりーずm(__)m
[PR]

by warubee | 2005-06-05 11:07 | 浦和レッズ


<< …結局名古屋かよ ( ゚Д゚)ケッ      埼スタ、ガラガラだったなぁ… >>