2005年 03月 18日

学生は「連帯責任」で、社会人だと「個人の問題」になるのか

強姦でアメフット選手逮捕

これが学生スポーツならば、確実に部がまるごと出場停止処分ですがね。
選手個人が起こした事件というが、なんとなく逃げ口上にしか聞こえないのは何故でしょうか。

この理論に照らしてみるなら、先日起きた亜細亜大学野球部や、
国士舘大学サッカー部の問題も、別にチーム全体に処分下さなくてもいいはずで。

学生スポーツの場合、特に最上級生は、その後の進路がかかっている場合もある。
こんなこと書くと顰蹙買うかもしれないけど、社会人スポーツなら、
あくまで本業として会社で働いているんだから、仮に活動自粛になっても、
別に困ること無いですよね。

でも、学生はそうじゃない。
それまで鳴かず飛ばずでも、最後の一年になって急に力を伸ばして活躍して、
プロに認められるって言う例だって少なくないはずです。
大げさに言えば、その後の人生がかかっているわけで。
それを、一部の(特に下級生の場合)阿呆のせいでフイにしてしまったとすれば…
なんてことを考えてしまうわけです。

社会人であるからこそ、若者のお手本になってほしいし、ならなければいけないハズなのに、
そういう立場の人たちが身内に甘い(と思われる)様なことでどうするんだと。

「最近の若い者は」というのは、大人の常套句だが、そのまえに「最近の大人」は、
果たして若者の手本となる生き方ができていますか、と問いたいですなぁ。
働かない若者云々を議論するより、働くことでこんなに明るい未来を切り開けるんだ、と
大人が示せているのかどうか。
仕事が大変であるのはわかりますが、疲れて帰ってきて、口を開けば仕事の愚痴、
休日は家でゴロゴロしていたりする姿を見た子供たちが、
果たして未来に希望が抱けますかどうか…?

話題がすっかりそれてしまいましたね(^^;
でも、「子は親の鏡」とか言うように、若者のありようを見て、
自分たちのことも省みるべきではないかと思うのですがねぇ…
ともかく、「若者はおかしい。でも自分たちは関係ない」というのはどうにも許せませんな。

…顰蹙買いそうだ_l ̄l○<弱気だなぁ
[PR]

by warubee | 2005-03-18 18:48 | 雑談


<< バナナじゃないってばよ…(ーー;)      カブ様、結婚おめでとう(ぉぉ >>