2005年 03月 12日

相変わらず心臓に悪いチームだ…

Jリーグディビジョン1・第2節

川崎フロンターレ 3-3 浦和レッズ

なんつーか、2年前の最終戦(鹿島戦)を思い出しました。
あの時も、ロスタイムでエメのダイビングヘッドが決まって、
鹿島を地獄に叩き落したんでしたねぇ…
おかげでマリノスが優勝できたんですが(ぇ
昨年のチャンピオンシップのとき、マリノスの誰か(覚えてない)が、
「レッズは負けて決まったけど、ウチは勝って決めたから」なんて言ってたようですが、
誰のおかげで完全優勝できたと思っているのかといってやりたかったですな。
まぁ、前置きはそんなもんで<長すぎます

ただでさえエメが調子上がらなくて、達也も肩が万全でない状況で、
頼みの永井が離脱という、とんでもない事態。
守備面でも、アルパイの出場停止で、坪井が久々のスタメン復帰…と、
この時期にして満身創痍な雰囲気が。
まぁ、坪井に関しては、いずれ出てこなきゃいけない人ですから、
出ざるを得ない状況になって、かえって良かったとは思いますが。
しかし、永井は良かっただけに痛いなぁ…
そんなこんなで、本来なら昇格組からは確実に勝ち点3を頂きたいところでしたが、
頂くどころか3を配給してしまいかねませんでしたね。

よく、サポーターがレッズを評するときに、
「できの悪い子供のようなものだから」といいますが、
こうやって時折意味もなくスリリングで劇的な試合を展開してくれることも、
魅力のひとつなのかも知れませんねぇ。
まったくもって、厄介な魅力だとは思いますが(^^;
[PR]

by warubee | 2005-03-12 21:16 | サッカー


<< 「鋼の錬金術師」10巻      「大リーグ式」だったら、「応援... >>