彩の国スタジアム2004

warubee.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 10日

まぁ、当たり前なんだけど

ソフトバンク、マイナスの出来高導入

今更かよという気もしますね。
まぁ、これが一石投じる事になればいいんですけど。
こういうところから改革が始まってくれれば…
あとは、前も述べたように複数年契約が改まれば、大分「無駄な出費」は減りますね。
そして、選手も頑張れば頑張っただけ評価される…でも、ダメなら落ちる、
そんな当たり前の年俸制度が実現するわけで。

前も書いた気がしますけど、これは選手にとってもいいことだと思うんですよね。
どこがかというと、無用なバッシングを避けるという意味でです。
昨年限りで引退した中日の川崎投手の例は記憶に新しいところですよね。
球団だって、川崎投手に払う分をいくらか下げて、それを補強にまわす事も出来たはず。

そういや、昨年末に、元ロッテで奪三振王を獲得した人が逮捕されましたよね。
あれって、聞くところによれば、現役のときの生活が忘れられなくて借金を…
っていうことも原因としてあるらしいとのこと。
確かに、野球選手は寿命が短いです。
普通なら働き盛りといわれる40歳くらいには、殆どの選手が現役をやめざるを得ない。
だから、それまでに一生分稼いでおかないとというのは判るが、
そもそもそんな無茶な生活してなければ、そこまで苦しむ事もないと思うんですが…
いつ辞めなければならないかわからない不安定な職業なら、
尚更普段からお金の事は気を遣うべきでしょう。
まぁ、高級外車とか、ちょっと良い家に住むくらいは努力の報酬としても、
この元ロッテ選手のような状態に陥ってしまうほどっていうのは、ちょっと…

そもそも、一軍の最低保障が1500万円ですからね。
普通のサラリーマンと比べれば、それだって凄い額ですよ?
(いくら税金で取られるかは判らんが)

まぁ、高卒で1億とか契約金が出る世界ですから、感覚おかしくなるのはわかりますがねぇ。
[PR]

by warubee | 2005-01-10 20:24 | 野球


<< 「選手会通信」      成人の日 >>